admin admin List
Selected category
All entries of this category were displayed below.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


こんな記事を見つけた。

中学生が愛知万博の意義を評価(愛知)
 昨年開催された愛・地球博(愛知万博)と環境問題をテーマに、名古屋市立津賀田中学3年の秋良(あきら)真由さん(15)がまとめた卒業論文が、日本国際博覧会協会の関係者から高い評価を得ている。

 卒論は毎年、3年生全員が書いている。秋良さんは、「愛・地球博は環境問題改善に役立ったのか?」と題し、400字詰め原稿用紙43枚にまとめた。昨年7月、家族と万博エコツアーに参加したのをきっかけに、先進的な環境技術の取り組みに興味を持ち、卒論のテーマに選んだ。

 秋良さんは「万博は環境への配慮をしている」との仮説を立て、万博会場での実地調査や資料集めをする一方、学校の友だちに「万博で環境問題に対する工夫がされていることを知っているか」などのアンケート調査も行った。

 卒論では、燃料電池バスなどの実例やごみの分別、万博閉幕後に環境問題改善のために活動する団体が増えたことなどを紹介。「全体として万博は環境改善に役立ったといえる」と結論付けている。

 秋良さんは「万博には40回近く行き、環境問題に大きな関心を持った。調べることが好きなので卒論を書くのは楽しかった」と話している。宮崎忠芳校長(50)は「卒論は情報の活用能力を高める意味でも意義深いと思う」と話す。

 博覧会協会の矢野明彦企画調整室担当課長(44)は「次世代に万博の意義が伝わり、とてもうれしい」と喜んでいる。


(2006年3月16日 読売新聞)
.... 続きを読む
スポンサーサイト


お姉ちゃんが本を買ってきた。

私にできることは、なんだろう。
.... 続きを読む

愛称は「モリコロパーク」 万博跡地の新公園名決定

 愛知県長久手町の愛知万博(愛・地球博)の主会場跡地に愛知県が今夏にオープンさせる予定の公園の名称を「愛・地球博記念公園」、愛称を万博のマスコットキャラクター「モリゾー」と「キッコロ」にちなんで「モリコロパーク」とすることが12日、決まった。
 有識者らで構成する県の「21世紀にふさわしい公園づくり委員会」が、応募総数約3200件のうち上位の2作品を、正式名称と愛称にそれぞれ選んだ。
 県は公園内に野球場やサッカー場などを設けるほか、「環境」と「参加と交流」をテーマにソーラーカーの体験乗車なども実施する方針。万博の人気施設「サツキとメイの家」や空中回廊「グローバル・ループ」の一部も残し、夏休み前の部分オープンを目指す。

.... 続きを読む


本日、ゼミの面接。

…うれしくない。。


今日提出した計画書の内容↓
.... 続きを読む


今日は、汚れのひどかった自転車を洗った。

何年分のサビだろ…
この自転車は7、8歳くらいになります。

うちには車がないので自転車が必須。
大分ボロになってきたけど大学卒業までは大事に使うつもりです。

古いものを大事に使うのも立派なエコだと思う。
たんに新しいの買うお金がもったいないだけだけど


そのあと、9/16の朗読会もらったドングリチケットと、
9/17に作ったシードロを、お庭に埋めた。

親に言わずに勝手に植えたから、あとで、「変なの植えないでよ」って言われた。
「変なの」なんて、ドングリとカモミール(シードロの魔法の種)もバカにされたもんだ。

芽が出るといいな。日当たり悪いけど大丈夫なんだろうか。


万博のパビリオンで、シードロ植えて芽が出た、
ってまた報告しに来てくれた人もいたらしい。

ちゃんと水とかあげて、
芽が出るの楽しみにしてくれてたのかな、って思うと、すごくうれしい。

今、芽が出るのを心待ちにしてる子とかいるのかな。

そういえば、何人の子たちがシードロを作っていってくれたのか
集計してればよかったのに。してたのかな。よくわかんないけど。

一ヶ月間(25日?)×約10人×(1日)3回だとしても
750人の子たちがシードロを作って植えてくれたとしたら、すごいことだ。

プレイベントとかもいれたら、1000人とかいるのかな。
よくわかんないけど。すごいアバウトだけど。

ドングリチケットも、もらった人全員がそれを植えてたらすごい。
そんなわけないけど。しかも、植えても芽がでるかわからないし。

とりあえず、どっちも芽が出るか楽しみ。


今日は、万博閉幕の日。

万博はこれで終わりだけど、万博でもらった種から芽が出て、
万博に来てくれた人から自然のことを考える芽が出たとしたら、

それはものすごく小さなことかもしれないけど、
もしかしたら世界が今よりよくなるきっかけになるかもしれない。

この万博開催にあたっていろいろ問題があったし、
これからもこのあとの問題がいっぱいあるだろうけど、

そうやって、この万博がなにか繋がっていけばいいと思う。


今日は、最後の朝番。
「ファイト、ファイト、がんばるぴょん。シードロ、シードロ、にんにきにん!」
(朝番隊長U子さん作。朝の声出し)

朝は人が少ないので、他のパビリオン回らせてもらいました。
そのあと、11時過ぎぐらいから混み出したけど。

シードロ補佐を最後またやりました。
補佐じゃなくてメインでやってみるかって言われたとき、つい断っちゃったけど、
あとからやらせてもらえばよかったかなってちょっと後悔。
あたしはそういうところがいけないって自分で思う。反省です。


結局、こっちで会えるかなって期待してた人たちにはことごとく会えなかった。
でもその分、たくさんの新しい出会いがいっぱいありました。

ドイツツアーのSくんと同じ学部のNちゃんとは初日から最終日までお世話になったり。
いろんなところでみんな繋がっててびっくりだ。やっぱりすごい「縁」だと思う。

今回いろんな人と話して学んだのは、
べつに「環境」に限って考えなくていいのかなって。

「環境」も広いけど、もっと考えるべき問題はいっぱいあるわけだし、
「環境」だけに縛られないほうがいいのかも。

「環境」だけに限らず、いろんなことに興味を持ちたいと思った。
(こんなんじゃ身体がいくらあっても足りなそうだけど…)

あとは「自分にできることをやればいい」ってこと。


25日で愛地球博は終わりです。最後までいられないのは、本当に残念!!
学校休んででも、残ることにすればよかった。あたしにとっての万博は今日で終わり。

2回のボランティア経験から、いろんなものを学ばせてもらいました。
ありがとう愛知万博!そして、関係者の方々、本当にありがとうございました!

安い夜行バスも教えてもらったし、また名古屋にも行きたいな。

これで終わりじゃなくて、次にいろんなものをつなげていきたいと思います。

今日は初の昼番。

本日の来場者281,441人。最高記録達成のようです。
万博も残りあとわずかになって本当に混んできました。

会場まで向かうのに一苦労。

パビリオンでは、もう一気に人がドバッと入ってきたときなんかパニック状態です。


今日は、地球市民村交流ホールにて、シンポジウム。
「愛・地球博におけるNPO/NGOの役割」
関連:https://www.janjan.jp/special/0509/0509210747/1.php

仕事中なのにお許しをいただいて途中から参加させていただきました。
やっぱり疲れていて(とくに今日は体調がよろしくなかったし)、ところどころ眠くなりました。
でも、万博開幕前の話とかいろんな話が聞けてすごくよかった。
いろんなすごい方たちのお話が生で聞けたのはとても貴重な体験です。

吉見先生の、
海上の森から長久手に会場が移ったことで、ある意味ハードルが低くなった。
本当にこれでよかったのか。
という問いは、答えはもちろんないとは思うけど、とても興味深いです。

最初から会場が青少年公園だったら、問題はそんなになかったかもしれない。
万博が反対運動を逆説的に生み出した、というのもおもしろいと思った。

最初から全部聞けなかったのが残念!もっと万博の問題について知りたいと思った。


帰りに、今池駅でひつまぶしを食べに行った。

現地ボランティアの子から、キリゾーとモッコロ、
モリゾーとキッコロのリニモバージョンの待ち受けをもらった♪

そのあとは、明日で最終日なので、Nちゃんと二人でまったり飲みでした。
寝たのは結局2時過ぎで、今回、飲みで始まって飲みで終わった、みたいな感じです。
いいのかこんなんで…
ともかく、ここでいろんな経験ができて、みんなに出会えたことに本当に感謝!

今日は夜番です。

大分、昨日より仕事になれました。

仕事のあとは、「木を植えた人」の朗読会でした。
本当は一般向けに19時からやっていたのを、スタッフ用に22時頃からやってくれました。

「木を植えた人」を聴くプロジェクト

ドングリチケットをもらった。

朗読って、生で始めて聴きました。この本は中学のとき英語の授業でやって、あたしも大好きな本です。
ただ疲れと寝不足で、心地よい眠りに…。α波でてました。

お客さんが帰ってからの万博会場は不思議な感じです。

旅館に帰ってから、お風呂場で語ってたらまた今日も寝るのが3時過ぎました。

あたしは、あまのじゃくです。
大学とかで楽な大学生活送ってる人をみると、自分頑張ろうって思うけど、
ここで、すっごくがんばってて忙しそうな人たちを見ると、
あたしはもっとスローな人生を送りたいと思えてくる。

ここでの刺激は、あたしには強すぎるようです。



ちょうど学校の授業で、
愛知万博開催時の開発問題について
ちょっとだけ勉強しました。

今の瀬戸会場の海上の森に
保護対象のオオタカの巣が発見されて、
予定を変更したという話でした。

こんなページを発見。

愛知万博中止の会
http://www.h2o.or.jp/~banpaku/



昨日の夜は、みんなで飲み会だったようです。
私は行きませんでした…。最後なんだし行けばよかったかも!

やっぱりノリ悪いかな。
でも夜遅いとやっぱり最終日辛そうだから…
でも最終日だからこそ勢いで行っちゃえばよかったかも。
まぁ今更どうしようもないけどね。

みんなが帰ってくるの遅いせいで寝られませんでした(笑

日曜の朝はやっぱりリニモはすごく混んでます。
ありえない混み方。

そういえば、リニモにも、会場内にも人員投入しすぎのような気がします。
あるパビリオンでは、下手するとスタッフのが多いみたいなことにも…。

人件費にお金かけすぎのような…
日曜とか混雑するときには必要かもしれないけど、普段は必要ない気がした。

そういえば、リニモにはつり革がありません。つかまるところがなくて困る!

振動や騒音は少ないけど、
べつにそんなに普通の電車と変わらないような気もした。


50年後のメッセージに、
「自然が多い」とか「緑いっぱいがいい」
とか子どもはそういうことをかいてくれてるけど、

それはもうただそう教え込まれてるからかなって。

本当に「自然」を知ってるんだろうかってちょっと思った…

子どもがそういうのいっぱい書いてくれるのは
すごくいいことだとは思うけど。


だからそういうこと書いてくれた子(ちょっと学年が上の子)に
「周りに自然いっぱいある?」
とか
「きれいな自然残すためになにかしてる?」
みたいなことを聞いてみたけど、

「分別してる」
とか
「なにもしてない」
とか
「よくわからない」
みたいなそんな返事でした…。


でもやっぱりただ書いてもらうだけじゃなくて、
そういうの聞いてみるのも面白いなって最終日になって思った…


そういえば、地球を「なんの国?」「どこの国?」っていう子が
結構いて、「地球」を知らないのか…ってちょっとショックでした。
園児や小学校低学年には難しかったかな…


ボランティアの人たちみんなで寄せ書きしました。
今日や明日で最後の人が多いから。

今回、ボランティアに来て、
自分はなにができたのかってよくわからないけど、

万博に来て、他のボランティアさんからたくさんの刺激をいただいて
やっぱり本当に来て良かったと思います。

このメンバーでボランティアできたのも最高です。


帰りに、Bundjugendの方々に会いました。

英語と独語と…みんなインターナショナルです。
英語なら言ってることはわかるんだけどしゃべれない…

外国語がんばろうって本気で思ったのも万博に来たおかげ。


ともかくいい経験をしました。
本当に行って良かった。これからも課題がいっぱいです。



| HOME | Next

Design by mi104c.
Copyright © 2017 UNSUSTAINABLE LIFE, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。