admin admin List
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


授業で、SPMとNOxの規制のことをやった。

SPMとは、浮遊粒子状物質のことで、
NOxとは、窒素酸化物のことです。


ビデオで、国道線沿いに住んでいる人が、
部屋の窓とかを雑巾で拭いて、真っ黒になったのを、
全部、SPMのせいだっていってたけど、

私の家もそう。ホコリを吹くと雑巾が真っ黒になる。
きっと首都高速と環八が近くにあるから。

でも、ホコリは黒いもんだと思ってたけど。
洗濯物にもみんなSPMがくっついてるのかな。
ちょっと恐ろしくなった。
灰もSPMで汚れてるんだろうか。


ディーゼルエンジンは、燃費がいいので
CO2の排出量が少なく、エネルギー消費が少ないというメリットがある。

そして、燃料となる軽油はガソリンより安く売られている。


ガソリンと軽油はほとんど製造コストは同じだけど、
軽油のが安いのは税金の割合が違うかららしい。


どうして軽油のが税金が安く設定されているかというと、
運送屋さんの保護のためだとか。
ここらへんはあんまり詳しく授業では触れなかったけど。


軽油のが安いからって、ディーゼル車が増えているらしい。
ディーゼル車はとっくに少なくなってるんだと思ってた。

ディーゼル車がどうして問題かというと、
構造上、不完全燃焼しやすく、すすが出やすい。

これが、気管支喘息や慢性気管支炎を起こしたりする。
ビデオで出てきたこの患者さんたちを見てショックだった。

公害を引き起こす窒素酸化物の規制も大事だけど、
人間の健康被害を及ぼすSPMも怖い。

でも、NOxとSPMの規制は二律背反で、
どっちかを規制すると、どっちかが増えてしまうらしい。

日本では、NOxの方が規制が厳しいけど、
CO2による温暖化がより深刻な海外(欧米)では
逆にSPMよりもNOxの規制のが厳しい。


NOxとSPMもどっちも出さないようにするには

車に乗らない

のが、一番だと思う。

車に全く乗らないのは無理だけど、
自家用車に乗らない、なら便利な都会に住んでればきっとできる。

実際、私の家には車がないけど、別に特に困ることはないし。
愛犬と一緒に遠出ができないくらいで。

みんながマイカーを持つのをやめればいいのに。
…なんて言っても、きっとみんな便利な生活をしてたらやめられないよね。


そしたら、もっと環境基準を厳しくしたり、
もっと税金をかけるをかけたりするしかないのかな。


こういうのってどうしたら解決できるんだろ。誰が解決できるんだろ。



関連:ISUZU:ディーゼルゼミナール
http://www.isuzu.co.jp/semi/diesel_1/index.html
スポンサーサイト


奄美大島の外来種問題のことを授業で習った。

ハブを退治するために、天敵と思われていたマングースを放ったけど、
そのマングースはハブを食べるどころか、
農作物を荒らしたり、島の固有種を食べて絶滅に追いやった。
だから、環境省はマングースを撲滅させることにしたらしい。

本当に人間は、自分勝手だと思う。

マングースは、そこにいつの間にか連れられて、
ただ繁殖しただけなのに、
やっぱり迷惑だからって駆除されるなんて。

その授業で見たビデオの中で関係者の人が、
「でも、固有種を守るためには仕方ない」
ということを言っていた。


前に聞いた千石先生のお話を思い出した。

外来種のせいで在来種がひどい目にあってるし、
外来種は「いないのがしかるべき」であるから
駆除するのはかわいそうなことではない。

って。

どうしてそこまでして在来種を守らなくちゃいけないか、
ちょっとよくわからない。

なにか困ることある?
…これを言っちゃったらおしまいかなぁ。。

でも、外来種は動物愛護対象にはならないってこと??
よくわからない。



学部の友達といろいろ語りました。

友達は、サークルで環境教育をしてる。
児童館や小学校に行ったり。

私も、環境教育はすごく大事だと思うけど、

今回ボランティアして思ったのは、
環境NGOの人さえも、
やっぱり便利な生活は捨てられないし、
そうしないと暮らしていけない。

そんな世の中だからこそ、
やっぱり「暮らし」から変えなくちゃいけないのかなって思った。

「暮らし」を変える前に、
「意識改革」ってのがもちろん大事だと思うし、
そのための「環境教育」は大事だけど、

やっぱり、それで終わるんじゃなくて、
それからどうしなくちゃいけないかだし、

「どうして環境を守るか」を考えるのも大事だけど、
そのまえに「環境を壊さない」ような生活を
元から自然にできるようになればいいと思う。

もっと生活自体をみんなが変えなくちゃいけないんじゃないかと思って。

意識改革も大事だけど、
自然体験を一回したくらいで意識は大して変わらないわけだし。

自然体験しても、
やっぱり都会に帰ってきたら都会の生活がある。

それはやっぱりなかなか変えられるものじゃない。


今回のボランティアで、
私の興味が、
環境教育」→「暮らし改善」に
ちょっと変わった気がする。

というか、友達と話す中でそういう風に思った。


どうやって「暮らし」を変えていくかを
これからもっと考えていきたいと思う。



ちょうど学校の授業で、
愛知万博開催時の開発問題について
ちょっとだけ勉強しました。

今の瀬戸会場の海上の森に
保護対象のオオタカの巣が発見されて、
予定を変更したという話でした。

こんなページを発見。

愛知万博中止の会
http://www.h2o.or.jp/~banpaku/



昨日の夜は、みんなで飲み会だったようです。
私は行きませんでした…。最後なんだし行けばよかったかも!

やっぱりノリ悪いかな。
でも夜遅いとやっぱり最終日辛そうだから…
でも最終日だからこそ勢いで行っちゃえばよかったかも。
まぁ今更どうしようもないけどね。

みんなが帰ってくるの遅いせいで寝られませんでした(笑

日曜の朝はやっぱりリニモはすごく混んでます。
ありえない混み方。

そういえば、リニモにも、会場内にも人員投入しすぎのような気がします。
あるパビリオンでは、下手するとスタッフのが多いみたいなことにも…。

人件費にお金かけすぎのような…
日曜とか混雑するときには必要かもしれないけど、普段は必要ない気がした。

そういえば、リニモにはつり革がありません。つかまるところがなくて困る!

振動や騒音は少ないけど、
べつにそんなに普通の電車と変わらないような気もした。


50年後のメッセージに、
「自然が多い」とか「緑いっぱいがいい」
とか子どもはそういうことをかいてくれてるけど、

それはもうただそう教え込まれてるからかなって。

本当に「自然」を知ってるんだろうかってちょっと思った…

子どもがそういうのいっぱい書いてくれるのは
すごくいいことだとは思うけど。


だからそういうこと書いてくれた子(ちょっと学年が上の子)に
「周りに自然いっぱいある?」
とか
「きれいな自然残すためになにかしてる?」
みたいなことを聞いてみたけど、

「分別してる」
とか
「なにもしてない」
とか
「よくわからない」
みたいなそんな返事でした…。


でもやっぱりただ書いてもらうだけじゃなくて、
そういうの聞いてみるのも面白いなって最終日になって思った…


そういえば、地球を「なんの国?」「どこの国?」っていう子が
結構いて、「地球」を知らないのか…ってちょっとショックでした。
園児や小学校低学年には難しかったかな…


ボランティアの人たちみんなで寄せ書きしました。
今日や明日で最後の人が多いから。

今回、ボランティアに来て、
自分はなにができたのかってよくわからないけど、

万博に来て、他のボランティアさんからたくさんの刺激をいただいて
やっぱり本当に来て良かったと思います。

このメンバーでボランティアできたのも最高です。


帰りに、Bundjugendの方々に会いました。

英語と独語と…みんなインターナショナルです。
英語なら言ってることはわかるんだけどしゃべれない…

外国語がんばろうって本気で思ったのも万博に来たおかげ。


ともかくいい経験をしました。
本当に行って良かった。これからも課題がいっぱいです。



今日は午前と午後、二回よさこい祭り(?)があった。
雨だから、大変そうだったけど…

こういうイベントがあると、一日がすごくはやい。

他のボランティアさんはすごくノリがいいです。
ついていけません(笑

よさこいとは「(いい)世さ来い」ってことらしい。

それで、21世紀みんなで
いい世の中にしていきましょう、みたいな。

あたしはただ見てるだけだったけど、すごく楽しかった。


というわけで、よさこいのおかげで
お客さんにあまり説明したりしませんでした…。


お昼は、会場内で食べた。…ラーメン800円って高すぎ!


あるボランティアの方が、ツバルのお話をしてくれた。
ツバルは、地球温暖化による海面上昇で、
沈んでしまうと言われている国です。

そのツバルに、ゴールデンウィークに行ってきた話をしてくれました。

みんな興味津々。

今度みんなでツバルツアーに行こうってことになりました。
実現するのか…?
費用は40万くらいかかったらしい…ちょっと学生さんにはキツイ。

でも、それだけの価値があるっていうし、
確かにそういうの実際に見ることはすごく大切だと思う。


業務後は、
グローバルループを歩いて一周した!

いろいろ見ながらで2時間ぐらい歩き回った。

外国館すいてるところだけ見たりして。

アフリカ共同館のガーナのところで、
インフォメーションの人に話し掛けられた。

英語にたじたじで、変な汗かきながら話しました…

いくつ?どこから来たの?どこに泊まってるの?誰と?
みたいな。いろいろ。

もっと勉強しなくちゃ!

"You're beautiful."って何度も言われた…
でもとても"Thank you."なんて言えなかった。

いやぁ、もう日本人丸出し?
もうなんでもいいや…。英語がんばろ!


今日もまた寝不足。

なのに、ずっと立ってるのはかなり辛いです。
足だるいし。結構座ってました。ごめんなさい。


今日もフィリピンの民俗音楽コンサートがありました。
イベントがあると、やっぱり時間が経つのがはやい。

昨日と同じように11:00~と14:00~と二度あって、
さすがに4回も聞くとメロディーもなんとなく覚えました。


50年後の地球にメッセージってので、
変なおじさん来て
「生きてない」って言うから
「子どもたちに残したい地球とかでもいいので」とか言ったら、
「あなたを残したい」とか言ってきた!

意味不明だし。

「え?」って言ったら、「ありがとうは?」だって。

なんかそんなことも言えずに
とりあえず曖昧に笑っておきました…

…世の中いろんな人がいるものです。



他のボランティアの方に
「一番若いのに一番やる気ない」といわれてしまった。

ほんとダメすぎる。
せっかくボランティアに来てるんだからがんばらないと!

ちょっと自分のやってることに意味があるのかな、って思った。

来場者はほとんどスタンプ集めに夢中だし、
「こんにちは」も無視されたりするし、最後はスタッフの人もくつろいでたし…

ここに来て、「環境」のことを考える人ってどのくらいいるのかなって思って。

パビリオンの中には冷房が効いてました。
開けっ放しなのに…よろしくないよ。


そういえば、環境NGOのボランティアに来てるのに
旅館では冷房付けっぱなしにして寝てます。
これもよろしくない…。喉痛くなるし。


でも、他のボランティアの方々は、
みんな英語しゃべれて、すごすぎます。

「学生のうちからこういうボランティア来てエライ」
とか
「授業休んでまで来てエライ」
みたいに言われるけど、

社会人の方々は、

わざわざ有給とってきてるんだし、
帰ってもすぐお仕事だろうし、
学生と違って自主休講できないし、

英語ペラペラだし、夜遅くまで飲んでるのに
朝ちゃんと起きて昼間も元気だし、ほんと尊敬します!


業務後、

センターハウスのアースドリーミングシアターで
少しくつろぎました。

公式ショップも少し見たけど混みすぎ!


寝不足だし、疲れがたまって、
今日は、本当に体調は最悪でした。

栄養ドリンク飲んで明日もがんばらなきゃ。


昨日は寝たのが2時くらいで、
今日も朝番なので6時起き。4時間睡眠はキツイ。

変な人が来て、
「一緒に写真撮ってください」って言われました。

「写真お撮りします」って言ったけど
「せっかくだから」って一緒に撮りました…。

あの写真、変なところで使われてたらどうしよう!


平日は、あまり人が来ないみたい。
地球市民村はとくに…

隣の、キープ協会
大地の広場でフィリピン竹楽器民族音楽コンサートをやっていました。

民俗音楽ってすてきだなぁと思った。やっぱり音楽っていいな。


業務後は、
モリゾーキッコロメッセに行って、
プロトタイプロボット展を見ました。

人そっくりのロボットが、不気味に笑ったりしてました。
人型ロボットってなんか怖い…


朝食は旅館で食べられるけど、
昼食と夕飯は勝手に食べることになってて

万博内は値段がすごく高いし、
コンビニやスーパーで買ったものを食べてます。

せっかく環境NGOのボランティアに来てるのに、
こんなんでいいんだろうか…



夜行バスで名古屋に到着。そのまま万博会場へ直行。

手違いもあったけど、なんとか入れました。
業務用IDをもらってパスをもらって、ちょっとうれしい(笑

FoE JapanのTシャツを着て、業務開始。

企画概要


地球市民村、結構暇です(笑
知名度はたぶんとっても低い。

午前中に小学生団体様230名が来て、それがピーク。
そのあとは、まばらにお客さんが来ていました。

外国人の方も結構来てて、
他のボランティアの方たちみんな普通にしゃべってるし、
やっぱり英語をしゃべれなくちゃおもしろくないと思った。

昨日の夜、夜行バスでどっちが名古屋行きかって、
韓国人に英語で聞かれてバスを指差しただけでしたから…

”this”さえもいえなかった(笑

せっかくボランティアしてるんだから、
もっと積極的になって、
自分からいろんな人に話しかけたりしないとだめだと思った。

マニュアルを現地でもらえるって話だったけど、
そんなのは全くなくて、ほんと適当に説明してました…


ほとんどの人がスタンプ集めに夢中だった。

恐竜が一番目立つから見てもらえるはずだったけど、
一見恐竜に見えなかったりするらしく、
あんまり見てもらえてなかった気がする。

容器包装マンを見て、ほとんどの人が
「うちはもっと出るわ」って言っていった…

50年後の地球にメッセージとかは
書いてくれたら恐竜カードをあげる、ってことで、
こんなの誰がほしがるかと思ったけど
意外とカード目当てでメッセージ書いてくれてた。

ソーラーハウスに住んでるっていう人が
いっぱいお話してくれました。すごくいいわよ、って。


万博全体としては、
テーマは「自然の叡智」のはずなのに、
ぜんぜん「環境」っぽくないって全体を見て思った。

サークルKはあるし、ファミリーマートはあるし…

持ち込み禁止なのに(だから?)、至る所に自動販売機はあるし…
ゴミ出さないように、水筒を持ってきましょう、とかすればいいのに…?

デポジット制取り入れるとか…?

そういえば、万博内になんで変な遊園地があるの?
あれよくわからない。場違いな気がする。ゲゲゲの鬼太郎も場違い。

遊園地は元からあったらしいけど。よく知らない。

万博開催にあたっての開発で
いろいろ問題あったらしいけど、
私ほとんど知らないからもっと勉強しなくちゃ…



ボランティア業務が終わったあとは、
並ばずに見られるアジア系の外国館を見て回った。

力を入れているところと、そうでないところと、
結構、差があるような気がした…

ただのおみやげ屋さんみたいな外国館もあったし。


そのあと、旅館に向かったけど
なかなかたどり着かなくて泣きそうになった。。


今さっき、クールビズという言葉を知りました(笑

http://www.team-6.jp/action/coolbiz/index.html

確かに、わざわざ暑い格好をして、
冷房をガンガンにかけるのはおかしい。

ビズってなんのことかと思ったら、
「ビジネス」なんだ!

クールビズがもっと広まったら、
学校の制服とかももっとラフになったりするんでしょうか…笑


不安がいっぱいだけど、やっぱり楽しみ!

こんなサイト見つけた。
モリゾー&キッコロの休日

ゲームありすぎ…

ふしぎコラムは、全部読んでみたいけど
FLASHって見るの時間かかるからちょっと面倒!
テキストで書いてくれたらいいのに。見る時間と電気が無駄だ(笑

アニメもあるとは…



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2005 UNSUSTAINABLE LIFE, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。