admin admin List
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


NEC森の人づくり講座昨日応募した。
…が、しかし。
実はその期間に中国語のテストがあることが今日になって発覚。

ヤバイ!

先生にテスト受けなかったらどうなるかお聞きしたところ、
.... 続きを読む
スポンサーサイト


昨日書いたことを実践した。

学部の子(K)と話した。
(結局、載せてごめんなさい。)

Kは、私のことを“すごい”って言ってくれるけど、
別に自分でなにかしようとは思わないって。それはなんでか聞いてみた。

なんか職務質問みたいなよくわからない対話だったけど…ごめんなさい。。
仲いい子だからできるんだよ。

べつにKのことじゃなくて、
一般の人たちがどう思ってるか、という推測を含め話した結果↓
.... 続きを読む

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記



清里ミーティングのとき教えてもらったJEEFNEC森の人づくり講座に応募した。

“「第2期NEC森の人作り講座」に応募するわたしの動機、思い、意気込み”
について、400~800字。

こういうのってなんていいかよくわからない。
文章力がほしぃ。仕方ないからこれで出した。

「第2期NEC森の人作り講座」に応募するわたしの動機、思い、意気込み
.... 続きを読む


昨日、サークルのNと環境について少し話した。
(Nはここ見てないだろうけど)

エココンのこと言ったら、「そんなの競うもんじゃないでしょ」って。

…うーんまぁ確かに?

でもそこで“競う”ことが重要なんじゃなくて、
.... 続きを読む


地球環境市民大学校 環境NGOと市民の集い Part-2 早稲田大学にて。
Let's エコボランティア&エコ就職
 ~30を超える環境NGOがまるわかり! エコに生きちゃう秘訣を探る~
に行ってきた。タイトル長っ…

地球環境市民大学校環境NGOと市民の集いPart-1よりも
この前のエコ就職シンポジウムよりも、今回のほうが人がたくさんいた。

まず、主催者挨拶後、A SEEDの事務局長によるプレゼン
「『エコボランティア』『エコ就職』って何だろう?」
.... 続きを読む

テーマ:勉強日記 - ジャンル:学問・文化・芸術



朝起きたのは7時頃だっけ。
結局、今回もまた早朝散歩はできなかった…

チェックアウトをして荷物を運んで、やまねミュージアムへ。

やまねの冬眠しているところを見た。

それから全体会。
海部高校式(だっけ?)フリップボードパネルディスカッション

年齢別に分かれて5人で話し合って、はやくできた人が前で発表。

1.環境教育と言っても、森の中で遊んでいるだけじゃないの?
  といわれたらどうする?

.... 続きを読む

テーマ:環境教育 - ジャンル:学問・文化・芸術



朝食はバイキング形式。
早朝プログラムには出ないのでわりとゆっくりしてました。

9時からワークショップ・体験プログラム。
午前は、“森林療法”の分科会に参加した。

“森林療法”って言葉は聞いたことがあるけど、どこで聞いたかは覚えてない。
CWニコルさんの講演を聞いたときに、
.... 続きを読む

テーマ:環境教育 - ジャンル:学問・文化・芸術



ついに今日から清里ミーティングへ。

前日にYさんからメールがあって、会場まで奥多摩で出会ったTさんが
車で送ってくれた♪♪ありがとうございました!
んでびっくりなのが、Yさんが前日に会って一緒に行くっていったのが、
万博のとき一緒だったNちゃん!世間は狭い。

そんなこんなで、11時頃会場の八ヶ岳自然ふれあいセンターに着いた。
とんでもないことに、
.... 続きを読む

テーマ:環境教育 - ジャンル:学問・文化・芸術



シカ柵除雪ボランティアのとき出会った友達に会いに、千葉大学園芸学部へ。

学食をごちそうしてもらった!ありがとうございました(>_<)

そのあと、学内見学。(キャンパスマップ
イタリア式庭園とかフランス式庭園とか。なんだかよくわからないけどすごい。
ともかく広い。いかにもキャンパスって感じ。うらやましぃ。

それから屋上緑化見学。
観賞用の外来種も植えてあるみたい。
うちの大学より広かった!!
…そんな感じ。たいした感想は言えません。勉強不足です。。

あとはぷらぷら学内を散歩。
本当に広くて植物も多くて、楽しそう!!

それから江戸川に行った。
多摩川が懐かしい。私もこういう場所が近くに欲しい。
.... 続きを読む

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記



清里ミーティングの準備。ということで名刺を刷った。とりあえず50枚程。すごい量。
名刺300枚という噂は本当ですか。紙の無駄

まぁ社会人にとって私のような学生の名刺なんてねぇ。。
学生同士ならともかく社会人のとくにお偉いさんに
私の名刺なんか渡してしまうのはなんだか気が引ける気がします…


大学入ってからの旅行回数。
.... 続きを読む

テーマ:つぶやき - ジャンル:日記


「ドイツの持続可能な暮らしと社会」ポスター展とトークイベント
http://www.foejapan.org/lifestyle/Deutsch/workshop.html

今日これに行こうと思ってたけど、授業が18:20までだってことに授業中気づいた。
夜遅いのと土曜に授業だといろいろ困る。勉強会出たくても、授業があるし。
損保ジャパン環境公開講座も出てみたいのになぁ。
来年はもうちょっと授業を考えて取らないと。でもうちの学部は昼間に授業が少なすぎる!!

テーマ:ぼやき - ジャンル:日記



だから、携帯を買えない替えない。古いものを大事に使う。
だから、ペットボトルを買わずにお茶を詰め替えて持ち歩く。
だから、本を買わずに立ち読み図書館で借りる。

お金を節約することが、環境配慮になる。単なるケチだけど。
これが、いわゆる環境政策でいうところの“経済的手法”…?違うか。

世の中の裕福な人たちがほんの少し貧乏になるだけで、
もっとエコロジカルな社会になるかもしれない。

テーマ:独り言 - ジャンル:日記



音楽って、万人の娯楽なのかな。私は音楽を嫌いな人を知らない。

もしできるのなら、
.... 続きを読む

テーマ:自分の考え、想い。 - ジャンル:日記



今日から社会学は、貧困問題のお話。
万博で聞いた話を再び思い出した。(詳細

貧困の定義もいろいろあるらしい。

貧困現象はなぜ問題か
1.普遍的人権の理念(近代理念)という価値に荷担。
  生存権の問題。
  生活資源が不足すればこの価値は維持できない。(現在は十分に存在する)

2.安全保障上の問題。
2を聞いて、激しく納得。


今日思ったのは、当たり前のことだけど
先進国でものを残さないからって飢餓問題が解決する訳じゃないってこと。

“世の中には食べられない人がいるから残さないように(食べ物を大事に)しよう”
それは大事なことだけど、それで問題が解決する訳じゃない。
.... 続きを読む


今日は、この前のワカモノ×NGO 環境コミュニケーションフォーラムでの
分科会で知り合ったKさんからのお誘いで、渋谷flowerプロジェクトに参加してきました。
(フォーラムの詳細はこちら

渋谷のモヤイ像の周りにお花を植えてきました♪

午前中から作業をしていたそうですが、私は午後から参加。

まず、今日の流れの説明と、シブハナについての説明。
そのあと、アイスブレーキングって、グループに分かれて、自己紹介。
好きな花と、趣味と、渋谷の街のイメージと、参加したきっかけをで。
私に、絵を描かせるなんて。。…ほんと絵心がない!orz。

それから、荷物を車に預けて、花植えタイム!

れんげと菜の花の苗を植えた。
この苗は、コアメンバーの方々が種から育てたらしい。

前期の授業でも習った菜の花プロジェクトが紹介されてた。


モヤイの仮面をかぶってみた!↓
.... 続きを読む

テーマ:環境 - ジャンル:福祉・ボランティア



この前、PEACEBOATの資料を取り寄せた。

で、携帯に電話がかかってきた。…私の携帯電話、壊れてるので通じません。
あまりにしつこいので 何度もお電話をいただいたので、家電からかけ直した。

ボランティアスタッフ、ちょっとやってみたい。

でも現実的に考えてクルーズに行けるんだろうか。
お金もかかるし、学校休まないとだし。そこまでの価値はあるんだろうかと…

“環境プロジェクト”みたいなのがあるのかと思ったけど、そうじゃないみたい。

やっぱり世界一周は夢物語かなぁ。

テーマ:つぶやき - ジャンル:日記



愛知万博地球市民村にて、9月にNPObirthでボランティアをした。
(そのときの詳細はこちら参照)


で、今回、万博記録集を作るらしい。

というわけで、

○感想(800~1200字)
○「ここから始まる自分」(30字程度)
 (万博後、その次の一歩をどう踏み出したのか、踏み出したいのか)

を11/30(木)までに提出。


…はぁ~。。 さすがです。
そりゃあボランティアやって、ただそれだけじゃ能がないですよネ。

あの優秀なボランティアメンバーの方々が
どんなことを書かれるのかも気になるところです。

もう二ヶ月近く経つのか。
私はあのボランティアでなにを得たんだろうか。

自然体験でも“ふりかえり作業”が大切だっていうしね。
やっぱり“体験しっぱなし”っていうのはよろしくない。

きちんと考え直さなくちゃなぁ。。
そんなきっかけを与えてくれるbirthに感謝です。

テーマ:愛地球博関連のボランティア - ジャンル:福祉・ボランティア



久々の環境社会学。

無料回収された家電についてのビデオをみた。

家電リサイクル法に基づいて回収される家電は、
廃棄された量の約半分。残りの半分は無料回収されている。

その回収されたテレビや音楽プレーヤーがどこへ行くのかというと、
.... 続きを読む

テーマ:勉強 - ジャンル:学問・文化・芸術




gooブログから移転しました。

移転前のブログ↓
http://blog.goo.ne.jp/active_momo/

ログもうつそうとしたけど、あえなく失敗…orz


昨日、電車の中の広告で知ったけど、
駅すぱあとで二酸化炭素排出量順で検索できるみたい。

http://www.val.co.jp/news/2005/20050905.pdf

おもしろい。

同じ距離で乗用車を利用した場合のCO2 排出量も見られる。


そうそう日曜に聞いた話。
ドイツでは環境面から鉄道を推進したい環境NGOと鉄道機関で手を組んで
バーン(Bahn)カードを作る、なんてことをしているらしい。

日本でもこれからもっと公共交通が利用されるようになるといい。

チーム・マイナス6%で、エコキャラスタンプラリィなんてやってる。

遊び方
ネット上でスタンプを集めるってゲーム。

果たして、オンラインでたんにスタンプを集めて、
長時間ネットにつないでることが、CO2 削減にどれだけ役立つんだろうか。
趣旨がつかめない。

まぁ、こうやってブログを書いてる私もあまり言えた立場じゃないだろうけど。

今日の社会学は、CFCs(クロロフルオロカーボン)について。

いわゆるフロン

フロンは、デュポン社の登録商標らしい。

1930年代に開発。
50年代になって初めて用途が発見されて、量産開始。
冷蔵庫やエアコンの冷媒、スプレー剤として使用された。

それまで、冷媒はLPG(液化石油ガス)やアンモニアが使われていた。
LPGは可燃性で、アンモニアは刺激が強く器官炎症を引き起こす。
徹底した検査が行われフロンはとても安全な物質として普及した。

1960年代後半になって、半導体洗浄としての用途も発見されて、
70年代から爆発的に生産増。

そして1974年。アメリカの気象学者シャーウッド・ローランドらが、
フロンが成層圏で分解され、オゾン層を破壊していると指摘。
CFCsは、空気よりほんの少し軽く、10~15年で成層圏に到達する。

80年代前半になって研究者の意見一致。

オゾン層破壊による人体影響は、皮膚ガンと白内障。
悲観的に見積もって、10億人の被害。(楽観的なら1億人)
6.4人に一人の被害。

1987年モントリオール議定書
2000年までに生産廃棄停止。

“補償をどうするか”という問題にたいして誰も言い出さないらしい。
規模が大きすぎて金額が大きすぎるから。
国家単位の既存の補償制度では対応できないから。
誰が被害者なのかわからないから。

先生の意見としては、
各国・生産者が基金を形成して、皮膚がんと白内障研究センターの設立が必要だって。

オゾン層破壊の問題はこれで解決じゃなくて、
もう排出してしまったオゾン層破壊物質はどうしようもないし、
まだこれからオゾンホールが広がっていろいろ影響が出てくる。

もちろん、オゾンホールの下は紫外線が直に降り注ぐわけだから、
人体影響だけじゃ済まされない。

人間はこのツケをどのように支払うんだろうか。


今日で、化学物質の話は終わっちゃったから、環境問題の話も終わり。
来週からのネタがなくなってしまった。

最後のまとめがいまいちわからなかった。


エコロジャパンドイツと環境に関する交流会に行ってきた。

エコロジャパン代表の今元さんのお話。
(今元さんとはドイツツアー>でお会いしました。)
エコロジャパンの説明があって、そのあとドイツ総選挙の分析。

とりあえず、SPD(社会民主党)とCDU(キリスト教民主同盟)の二大連立政権になるらしい。
あと、今までのSPDと緑の党の連立政権7年間の政策実績の話など。
今度の環境相はデポジット制度についても前向きじゃないとか。

ひとつ生意気なことを言うと、こういう集まりなんだし、
資料は両面印刷にしたほうがいいと思った。

それから、ドイツと環境に関する耳寄り情報って、
太陽光発電所ネットワークの手塚さんとFoE Japanの染谷さんのお話。

太陽光発電導入量は日本は今世界一だけど、
(これって結構意外。なんでだろ?)
一年単位で見ると今年ドイツに抜かれるらしい。

日本のRPS法は、目標値が少なく、必ず買い取ってくれるという補償がない。
ドイツは、自然エネルギーは必ず、決まった値段で買い取ってくれる。

ドイツでは太陽光パネルの需要がすごくあって、値段が高くてもほしい人がいる。
だからなおさら日本で高くなって買いにくい状況にあるらしい。

FoE Japanのサポーターの数は500人程度で、会費だけだと運営は難しいらしい。
もう少し大きいのかと思ってた

FoE Japanと杉並区教育委員会で
学校における省エネ光熱水費節減分還元プログラムをやっているらしい。
http://www.foejapan.org/lifestyle/energy/saveenergy-a.html


その後、交流会。

ドイツツアーの参加者の方とか、
この前のフォーラムのパネラーだった加藤さんにお会いした。

PEACEBOATに乗りたい。
ボランティアを1時間すると1000円分割り引いてもらえるとか。

“専門”の話になって、あたしはやりたいことがやっぱりまだわからなくて、
でももうすぐ3年生になるし、そろそろ“専門分野”を考えなくちゃいけないんだな
って改めて気づかされた。
でもうちの学部のゼミとかってどうなの。よくわかんない。

今大学4年生で、今度青年海外協力隊で、バングラデシュに行くっていう人がいた。
環境教育で。お話聞きたかったな。


体調がよろしくない。交流会はまだ続いてたけど途中で帰った。

今日の放課後、学部の友達と話してたのはとても壮大な話です。

“人間”とか“世界”とか“地球”とかそんな規模で話してるから、
自分の悩みなんてすごく小さなことだと思う。
どっちが大事かなんて判断できないけど。

うちの学部はそういう話ができる人たちがいっぱいいる。
私の入学当初からの希望通り。

果たして、うちの学部みたいに、
法学部の人が法律について語り合うとかなんてあるんだろうか。

答えは出せないし、ないのも知っているけど、私はこういう話をするのが好き。


“環境”と“人間”の話はすごく難しい。

“環境にやさしく”なんかしないほうがずっと快適に暮らせる。
便利を追求してこんな世の中になったんだから。

未来世代のことを考えて、環境を考えるっていうのもある。
でも“持続可能”なんて幻想に過ぎないし、
いつかは人間は滅びるし地球も滅びるし宇宙も滅びる。

でも私は人間である以上人間に絶望したくないし、
今私は貧困に悩まされてるわけでもないし恵まれてる状況にいて、
なにか(なんでも)できる立場にいるわけだから、なにかがしたい。

こんなことを言い出すときりがなくてどうしようもない。
環境を語り出すと考えが飛躍しすぎる。
やっぱり私は私にできることをやるしかない。

ただどこまでやればいいかなんてわからないし、
私は食べるものがない人の存在を知ってて食べ物を残すし、
いくら省エネっていってもエネルギーは無駄に使うし、
たまに、どうしようもない自己嫌悪に陥ったりする。

限りなく“環境負荷の少ない”の生活をしようとすれば、
日常生活(とくに都会生活)に支障が出るわけだし。

そもそも人間が“環境”のことを考えるなんて矛盾してる。



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2005 UNSUSTAINABLE LIFE, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。