admin admin List
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

普通の人のエコハウスプロジェクト
http://www.eco-online.org/beyond-ecology/2008/02/post_18.php

をはじめるそうです。

私も卒論を通じて思っていたことで、かなり興味津々です。


そんだけです。
スポンサーサイト

大学生活も残り約一ヶ月。

もちろん、友達と会いたいとか、
旅行したいとかいう願望もあるんだけど、

大学生活最後になにをしたいかって
「学部へのおみやげ」

大学生活4年間のお礼を含め、
学部へ提案書を有志で作りたいと考えてますヽ( ´ー`)ノ

学部にもっとこうあってほしいとか
そういう要望をまとめたような。


が、しかし。
みんな旅行にいって予定がなかなかあわず。

どうなるものか・・・・
とりあえずやるだけやります。


稲本正さんも、ピーター・D・ピーターゼンさんもいってたこと。

稲本さんのトークショーと環境省のシンポジウムで、
2日間続けて、同じことがシンクロしたので、きっと意味があるんだろう。




省エネとかそういう我慢(マイナスなこと)は続かない。
やっていて楽しくない。

「やらないこと」をすすめるよりも
「やること」をすすめるプラスのことが必要だと。

そんなニュアンスのことをいってました。

そういえば前に田中優さんも講演会でいってた。
省エネとかそういう個人の我慢は「最終手段」だと。



悪いことをしないように我慢するより、
いいことをやったほうが絶対いい。

まぁどっちも必要なことなんだろうけどね。





いいもの、いいことを追求していったら、エコにいきついた。

それができたらすばらしいと思う。
そういうことがしたい。


■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
           青年育成グローバルプログラム
   DENSO YOUTH for EARTH Action ~新・地球人プロジェクト~
              参加学生募集!
            http://www.denso-yea.com/
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

 人間の未来にとって「持続可能性(サステナビリティ)」が大きな課題と
なっています。持続可能な社会の形成のためには、自然環境問題に留まらず
経済・国際問題等、地球環境全体を様々な視点から捉えられる広い視野と総
合的な課題解決力が必要となります。
 そこで、株式会社デンソーは(社)日本環境教育フォーラムと恊働し、環
境共生に高い意識を持ち、持続可能な社会つくりに向けて積極的に取組む若
者を育成する国際プログラム『DENSO YOUTH for EARTH Action~新・地球人
プロジェクト~』を実施します。
 これは世界の若者が対象国の豊かな自然に触れ、地域・企業の環境共生活
動体験をする中で、多様な価値観と広い視野を身につけ、今後の自分たちの
行動に繋げるプログラムです。

 2008年度(第1回)は、日本とタイの大学生・大学院生を対象に、日本
国内で開催します。日本とタイの若者たちが、体験を通じて学び、自分の
将来へのステップとし、次代を担う「新・地球人」として巣立つことを願
っています。


■プログラム概要
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【期  間】
 2008/7/29(火)~8/10(日)(全13日間)

【活動場所】
 国立公園/北海道 釧路湿原(ラムサール条約登録湿地)
 産業都市/愛知県(自動車産業・流通産業見学、名古屋市・
NPOの活動体
          験等)

【内  容】
日本・タイの青少年が共同チームとして「環境共生」について学ぶ、体験
学習プログラムです。

 a.)先進工業国である日本に残る大自然の豊かさと、そこに潜む環境問
   題を探り環境問題を知り、それを保全する人々の努力を学びます。

 b.)都市部での環境負荷を低減する行政・企業・NPO・地域住民などに
   よるさまざまな取組みを現場体験します。

 c.)さまざまな人を講師に迎え、グループワークを随時行い、皆で学び、
   課題を共有していきます。

【日程(予定)】
 7/29    集合(北海道 釧路)
 7/30~8/2 自然敏との共存を考えよう!!日本の大自然「北海道」を体験
      (北海道 釧路)
 8/3~8/6  日本とタイは何が違う!?都市型環境共生を現場体験(愛知県)
 8/7~8/9  自分自身ができる事はなんだろう?チームで学びを
       分かち合い、一人ひとりが宣言!(愛知県)
 8/10    解散

■募集要項
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【使用言語】
 英語(コミュニケーションの基本は英語。状況に応じて通訳を同行予定)

【費  用】
 無料(移動費・食費・宿泊費込み、但し自由行動の際の費用、プログラム
 中の衣服等の費用を除く)

【募集資格】
 (1)日本の大学に在籍する、大学生・大学院生
 (2)英語での日常会話が可能な方
   (目安:TOEIC600点以上または英検2級以上)
 (3)健康で体力に不安のない方(野外での体験学習が含まれるため)
 (4)2008年5月頃の事前研修、7/29(火)~8/10(日)までの体験学習、
    10/24(金)・25(土)のフォーラムの全日程に参加できる方

【募集定員】
 10名程度(日本人10名、タイ人10名、合計20名で活動)

【募集期間】
 2008/1/15(火)~2008/2/22(金)*書類必着

【応募方法】
所定の応募用紙、小論文をDENSO YOUTH for EARTH Action事務局へ
ご提出下さい。
(1)応募用紙及び小論文の記入用紙の書式は下記サイトよりダウンロード
   してください。
   http://www.denso-yea.com/
(2)所定の応募用紙に応募動機等必要事項を記入し、顔写真を貼付してく
   ださい。
(3)小論文は「環境に優しい社会のために自分がしたい事」というテーマ
   で作成してください(日本語1200~1600字程度)
(4)提出書類は必ず2008年2月22日(金)までに事務局必着で提出してくだ
   さい(郵送・メールどちらでも可)。
(5)提出書類は返却できませんのであらかじめご了承下さい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■応募・問い合わせ先■
DENSO YOUTH for EARTH Action事務局
〒160-0022東京都新宿区新宿5-10-15ツインズ新宿ビル
4階
社団法人日本環境教育フォーラム内
TEL. 03-3350-6770 FAX. 03-335-7818
URL. http://www.denso-yea.com Email. denso-yea@jeef.or.jp
担当:田儀(たぎ)、今泉、土屋
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

告知を頼まれたので、転載します。

-----

オークヴィレッジの稲本正です。
飛騨ではようやく本格的に雪が降り始め、飛騨らしい冬景色が広がっています。

さて、週末3連休に東京・調布の仙川で私のトークイベントを
行うことになりました。
どなたでも無料で聴講できますので、ぜひ聴きに来てください。
他にもオークヴィレッジの職人とともに「マイ箸」を作るイベントも行います。

◆2月9日(土)・10日(日) 午後1時~
 国産材を使った「マイ箸」づくり
◆2月11日(祝) 午後1時~
 稲本のミニ講演「心に木を育てよう」
 “CO2削減をすぐ始められる”ための話を食育・木育を
 絡めてわかりやすくお話します。
 なお「日経エコロミー」内の私のコラム http://eco.nikkei.co.jp/column/
 もぜひ参考にしてください。

会場は「すなお」という名の雑貨とお茶のお店です。
地図など詳しくは http://www.oakv.co.jp/new/0712_sengawa.html

「すなお」は、安藤忠雄氏が沿道全体を設計して
注目を集めている「安藤ストリート」のほぼ中央にあります。
オーガニック素材の雑貨も楽しめるお店ですので、見聞も広まると思います。


ちょっと前に、「魔法のカイロ アラジン」を買いました。

これって有名なんでしょうかね。


こんなの↓
http://www.rescuenet.jp/item_detail.php?id=item539


最初、急激な化学反応にびっくりしたw

でも、おもしろい。

難点は
1時間くらいしか持たないところ、と
繰り返し使うのに、暖めなおさなきゃいけないところ、かな。

温度も適温。
値段もお手ごろで、
ふつうのカイロよりも、楽しめますw

> ◆「全国学校ビオトープ・コンクール2007
>         -目がかがやいているね、ビオトープ-発表会」
>
> 【日 時】2008年2月10日(日)10:00~17:00
> 【場 所】国立オリンピック記念青少年総合センター (東京都渋谷区)
> 【参加費】無料(事前申込制)  終了後、交流会(別途会費あり)を予定
> 【定 員】 700名(定員に達し次第締め切らせていただきます)
> 【主 催】(財)日本生態系協会
> 【後 援】文部科学省、環境省、国土交通省、農林水産省、 厚生労働省、ドイ
> ツ連邦共和国大使館、他
>
> 【プログラム内容】
>  ・上位5賞および金賞ノミネート校による発表(10校)と最終審査、授賞式
>  ・過去の受賞校の、その後の報告
>  ・記念講演:ブランデンブルグ州立『自然と環境教育センター』元所長
>                      ギーゼラ コッホ氏
>  ・銀賞受賞校によるポスター展示
>
> 【申込み方法】 
> お名前、ご所属、ご連絡先(住所・電話・ファクスなど入場券の送付先)、交流
> 会参加の有無をご記入のうえ、ファクス、郵送にて、お申し込みください。ま
> た、HPからは直接お申し込みいただけます。
>
> 【問合せ先】
> (財)日本生態系協会 全国学校ビオトープ・コンクール担当 
> 〒171-0021 東京都豊島区西池袋2-30-20音羽ビル
> TEL:03-5951-0244  FAX:03-5951-2974
> URL http://www.ecosys.or.jp/eco-japan/
>
>
> ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
> <参考資料>
> 【上位5賞および受賞ノミネート校(発表校)】
> 学校法人山の手学園 平和幼稚園 (北海道)
> 牛久市立 神谷小学校(茨城県)
> 学校法人一隅学園 木の実幼稚園 (群馬県)
> 越谷市立 大袋東小学校(埼玉県)
> 千葉県立 船橋芝山高等学校(千葉県)
> 安曇野市立 豊科南小学校(長野県)
> 社会福祉法人信静会 函南さくら保育園 (静岡県)
> 寝屋川市立 点野小学校(大阪府)
> 海陽町立 宍喰中学校(徳島県)
> 熊本市立 山ノ内小学校(熊本県)
> (以上 地域順。発表の順番とは異なります)

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
          
   つながれ四国!
       ~Youth Ecology Gathering~
            
         (通称:四国ギャザリング)
         四国ギャザリング実行委員会より
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
  四国ギャザリング HP 
     http://gathering.eco-2000.net/shikoku/

*★☆ ギャザリングとは??━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「環境問題に興味はあるけど、何をしたらいいかわからない。」
  「今の活動だけじゃなくて、もっといろんな活動がしたい。」
     「周りの人に自分の活動をもっと知ってもらいたい!!」
・・・そんな人達が集まり情報交換する「場」
          そして、夢や想いなどを語り合う「場」です。
 
「高校生」から「大学生」、「社会人」まで、環境問題に熱い思いを持った
 人達が年齢や経験を超えて集う宿泊型のイベントです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ☆★*

*★☆ 開催概要 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 日程 :2008年 3月14日(金) ~ 3月16日(日)  ※部分参加もできます。 
 場所 :香川県立屋島少年自然の家 (香川県高松市屋島東町34-1)
       http://homepage2.nifty.com/y-shonen/
 対象 :環境活動を行っている、あるいは、環境活動に興味のある若者
 定員 :300人
 参加費:8,000円
      (部分参加の方はお問い合わせ下さい)
 U R L : http://gathering.eco-2000.net/shikoku/
      
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ☆★*

*★☆ 企画紹介 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●レインボーアーチ●~2日目午前~
スタッフ一人ひとりが自分の得意分野を企画にします。
バラエティー豊かな内容でその企画に出ても損はない!! 
 
●分科会●~2日目午後~
全国で活動している同級生から社会人の青年の方々が一同集合!
魅力度MAX!  刺激度MAX !  発展度 無限大!
●自主企画●~1日目夜・2日目夜~
名前の通り「参加者が自主的に行う企画」です。ほかの人に企画に出るもよし。
自分で開くもよし。ただ、後悔だけは厳禁!思い立ったらすぐ行動!

もっと知りたい企画、気になる企画はHPでもチェックしてみてください。
このメールだけでは紹介しきれなかった魅力的な企画の情報も載っています。
          http://gathering.eco-2000.net/shikoku/
           
                 !随時更新中!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ☆★*

*★☆ お申し込み・お問い合わせ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
こちらからどうぞ♪♪
 http://gathering.eco-2000.net/shikoku/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ☆★*

*★☆ 主催・共催団体紹介 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●四国青年環境NGO HOPE●(主催団体)
四国青年環境NGO HOPEとは、四国で活動する青年をネットワークし
盛り上げること。そして四国を、ひいては日本を活性化することを目的
として、そのネットワークのための場づくりをミッションとしている団体です。
2007年5月設立。
HP:http://shikokuhope.web.fc2.com/

●エコ・リーグ●(共催団体)
全国青年環境連盟(エコ・リーグ)は環境問題について考え、話し合いたい、
何かしたい、情報を得たい、仲間を探したい、等様々な思いを持った人々に
とって、探し求めるものを見つけることのできる「場」であることを目指し
た環境NGOです。
エコ・リーグは全国的なネットワークを支えるためのサポート機関であり、
現在約150団体2000名をネットワークしています。
HP:http://el.eco-2000.net/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ☆★*



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2008 UNSUSTAINABLE LIFE, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。