admin admin List
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

よく、マンションのチラシを見ると、
「ディスポーザー」がついてることが多い。

実際の割合とかは調べてないからわからないけど、
リクルートの『マンションズ』とかみるとかなりの割合で載っているので、
よっぽどの人気があると思われる。

昨日会社で行った「ジャパン建材フェア」でも
ディスポーザーが展示されていて、「エコ」とか大々的にPRされてたけど、
本当にエコなの?ってところが気になったので、ちょっと調べてみました。


環境gooでは、
ディスポーザー Disposer

ディスポーザー とは
ディスポーザーとは、家庭用生ごみ粉砕機のこと。流し台の下の排水管に取り付けて、生ごみを機械で粉砕して水と一緒に流す。家庭内でごみの減量化ができるため、ごみ問題解決に有効と考える人もいるが、ゴミ分別の習慣がなくなってしまうという反対論や、下水管が詰まったり、下水処理への負担がかかるというので、自粛を訴えたり、規制する自治体もある。

http://eco.goo.ne.jp/word/recycle/S00045.html

ディスポーザー 詳細解説
ディスポーザーは、生ごみを台所に置かずその日のうちに始末したい、老人家庭などでごみ集積場までごみを運ぶのが辛いなどという生活上の問題や、家庭ごみの中でも大きな割合を占める生ごみ削減の必要性を背景に、近年普及してきた生ごみ粉砕機である。

ディスポーザーには大きく分けて2タイプがある。「直接投入型ディスポーザー」は、流し台の下の配管に取り付け、生ごみを水と一緒に流し台の排水口に投入、ディスポーザーによって生ごみをすりつぶすように粉砕し排水管に排水する。もうひとつのタイプは、ディスポーザーで処理した後に、さらに排水浄化槽で水質を一般家庭なみの水質に処理して下水道に流す「ディスポーザー排水処理システム」である。

「直接投入型ディスポーザー」は、下水管が詰まったり、生ごみが腐敗して悪臭を放つ場合があること、下水処理の負荷が高まるなどの理由で、自治体によっては、このタイプのディスポーザーの使用自粛または禁止処置をとっている。ただし、これらの自治体でも「ディスポーザー排水処理システム」の場合には、国土交通省、社団法人日本下水道協会の認定機関によって許可を受けた製品、あるいは自治体が個別審査して許可した製品は、その使用を認めている。

ディスポーザーに関しては、水を大量に含んだ生ごみが家庭で処理できるようになれば、ごみ収集車の輸送負担が減る、生ごみによる焼却炉の温度低下を防ぐことができる、ごみ収集場の生ごみを食べて繁殖するカラスなどを減少させることができるなどと評価する意見がある反面、下水道への負荷が高まるだけでなく、食べものをすぐに捨てる習慣がついてしまう、ごみ分別への意識が低下するなどという反対意見もある。

このようにディスポーザーについては、実に多様な意見があるが、環境への影響の正確な調査・結果はまだ出ていないのが現状だ。国土交通省では北海道歌登町で、ディスポーザーが普及した場合の影響について実験をするなど、さまざまな調査を行って、2002年5月に中間発表を行った。ここでは総じて直接投入型ディスポーザーは、下水処理への負荷が高まり、最終処理場へのごみの搬入量は低減すると報告している。ただし、あくまで途中経過であって、これからさらに調査が必要としている。


http://eco.goo.ne.jp/word/recycle/S00045_kaisetsu.html




東京都下水道局には、
「ディスポーザー使用自粛のお願い」というのが載っている。

ディスポーザは、野菜くずや魚の骨など、台所の生ゴミを砕いて、水といっしょに下水道に流し込む機械のことをいいます。 ディスポーザを使用すると、台所から生ゴミがなくなりますが、生ゴミを多く含んだ下水は、下水管を詰まらせたり、腐敗して悪臭を発生させるもとになります。 さらに、このような生ゴミを多く含んだ下水をきれいに処理することは難しく、水再生センターでの処理に大きな負担となります。また、海や川へ悪い影響をおよぼし、水質や環境を悪化させる原因となります。 

 なお、ディスポーザの利便性を備えつつ、下水道や川などへの影響を考慮した「ディスポーザ排水処理システム」が製品化されています。このシステムは、ディスポーザで破砕された生ゴミを処理槽等で処理し、その排水を下水道へ流すもので、下水道や公共用水域へ与える影響を軽減できます。そのため、従来の「ディスポーザ単体」とは異なるものと位置づけ、使用することができます。 ただし、設置する際には、東京都下水道局へ事前に届出を行い、維持管理が適切に行われることの確認が必要です。

http://www.gesui.metro.tokyo.jp/onega/in0001.htm


届出が必要とは知らなかった。。
ディスポーザーにもいろいろあるようです。

しかし、やっぱり、
余計な排水処理を行わなきゃいけないってことは、
余計なエネルギーを必要とするからエコじゃない、ってことかな。

しかしこのページでは、やたらエコを訴えている。
ディスポーザーショップ K.G.S
http://www.k-generalstore.com/disposer/index.html


ディスポーザーは、米国をはじめ多くの国々で広く利用されている家電製品です。
日本国内でも海外生活経験者や在日外国人宅での使用により広まり、個人輸入を含め現在年間10万台以上が輸入されているといわれています。
キッチンの中の段階で生ごみが無くなるという圧倒的な便利さはもちろん、大変衛生的であり、腐敗臭/虫害/ネズミ/カラスの根本的な解決策にも成り得ます。高齢化社会におけるごみ出しの負担軽減にも繋がります。

(略)

おおよそメリットしかみつからないディスポーザーですが、日本で普及しない大きな理由として、自治体によっては下水設備に影響がでることを懸念し、自粛を要請していることがあげられます。

(略)

ディスポーザーが普及し、家庭内の生ごみによるあらゆる問題が解決し、汚泥のコンポスト化などの資源利用率が上がれば、これ以上すばらしいことはありません。

http://www.k-generalstore.com/disposer/eco.html


要は、このページでは、
焼却によるエネルギー量と、ダイオキシン量のことをいっているのだけど、

私の考えとしては、
【なるべく生ゴミを出さないエコクッキング&コンポスト使用】
がよっぽど「エコ」じゃないかな、と思うんだけどな。

スポンサーサイト

太陽光発電の補助が復活したらしい。

これってマンションへも適用できるのかな?
投資用マンションで太陽光発電にも投資とか、もうあるのかな。
ダブル投資!とかして、売れないかな。


そういえばなぜか大学ですら太陽光発電はしてなかったな。
屋上緑化はしても。

なんでだろ。
屋上緑化のが予算が少なくてすむから?
でもたしか屋上緑化にかなりの予算かけてたはずだけど。

要研究です。



経済産業省は、09年度予算の概算要求で、家庭用太陽光発電設備の導入補助金を4年ぶりに復活させる方針を決めた。ピーク時を上回る238億円を求める。概算要求全体を通じて「資源高・景気減速」への対応を前面に打ち出す。

 家庭用太陽光発電は05年度に補助金を打ち切り、この年から累計導入量の世界一の座をドイツに奪われた。福田首相は6月の「福田ビジョン」で、世界一の奪還を宣言。20年までに現状の10倍、30年には40倍の導入目標を掲げていた。要求する238億円は、05年度の9倍。メーカー間の価格競争を促す補助の仕組みを新しく検討するという。

 このほか、燃料電池の導入支援に昨年度比7割増の304億円、次世代自動車の導入促進に同2.6倍の49億円を要求。「燃える氷」と呼ばれるメタンハイドレートの実用化費も同8割増やす。二酸化炭素(CO2)を地中貯留する技術(CCS)など、温室効果ガスの大幅削減を目指す革新的技術の開発にも、7割増の1047億円を求める。

朝日新聞 2008年8月25日
http://www.asahi.com/housing/news/TKY200808250306.html


EcoWorkナビに掲載するため、
中野恵介さんのお店にいって、インタビューをさせていただきました!

リメイクファッションショーのときにお会いして、
名刺交換させていただいて、今回お会いするのは2度目。

学生時代、学生レポーターやったりして、
インタビュアーはわりとやってたほうだけど、
自分がメインとなってやるのは初めてだったし、ちょっと緊張した。
でも気さくにいろいろ話していただいたのでよかった♪

EcoWorkナビを利用して、
私もいろんな人と話ができるっていうのすごくメリットだな。

自分で服をちょちょいと作れちゃったら楽しいだろうなぁと思った。
あとレザーのご自分で作ったという名刺いれを持っていて、
それもすごくステキだなーと思った。そういうのっていいよね。

せめて私も服をリメイクとはまではいわないにしても、
服からなにか小物を作るくらいのことはできるようになりたいな。
まずは心の余裕がないとできなさそうだけど。


ROCKER AND HOOKER
http://www.rockerandhooker.com

お店の商品を見せてもらったり
もっと詳しく商品について聞けばよかった、とちょっと反省。。

「ワークショップ」の話とか、「NPO」の話とかまで
話してもらえたののはよかった♪

質問は結構得意だけど、
テープきいてて、自分の相槌はだめだなーと思った。
「あ、そうですか」とかとくにね。前にある人にもいわれたけど。

「反応薄っ!」て自分で思った。インタビューアー失格だな。
もっといいリアクションをしてたら、もっと話が広がったかもしれない。
いいリアクションをできるようになろう。



テープおこしは、帰ってすぐに、1度聞いただけですべて起こした。
なんども聞いている余裕ないので。エネルギー消耗したけど。
テープおこしは学生時代インターンでさんざんやったので、ちょっと助かってる。
まさか社会人になってからもテープおこしするとは思ってなかったけど。

思い立ったが吉!で、なにごともやってしまうのがいいね。
たぶん明日からまた余裕なくなりそうだし。勉強したいし。
土日あんまり勉強できなかったし。

今回も思いつきでインタビューはじめたけど、
結構いい流れでこれてる気がする。この勢いでいってしまおうと思う( ´ω`)

宅建etcの勉強もしたいし、
エコマンション構想ももっと練って実現までもっていきたいし(数年以内に)
EcoWorkナビもいろいろ発展させたいし、
やりたいこともりだくさん。勢いでやっちゃわないとやってけないよ。
って仕事以外が充実して、仕事へのエネルギーが足りてないから
本末転倒にならないように気をつけなきゃ。


インタビュー内容はそのうち、EcoWorkナビにUPするので、見てくださいヽ(´▽`*)ノ




「エコマンション」を作るのが夢です。
ま、思い立って1年も経ってない夢だけど。
最近よく思い描いてます。

会社の業務とは「エコ」とは程遠いので、
その反動かもしれない。

入社して間もないうちは「不動産業界」っていう新しい世界がおもしろかったけど、
やっぱり思考はエコにシフトしてきてしまうわけです。
ま、それが人生のテーマですからね。
たぶんエコをこの先あきらめることはないと思う。


エコマンションに住むのも夢だし、所有するのも夢だし、
エコマンションをたくさん作って広めるのも夢。

数年前から「エコハウスに住みたい」って思ってたけど、
戸建てよりも、マンションの方が「コミュニティが形成されやすい」
っていう意味でおもしろいんじゃないかって卒論を書いて思った。

学生時代、自然体験型の環境教育に関わってみたけど、
 ・自然体験活動をしたところで、帰ってきたときに生活を結びつけにくい
 ・自然を好きっていう気持ちは芽生えたとしても、帰ってきたら、やっぱり同じ都会の生活が待ってる
 ・なかなか意識から生活を変えるのは難しい
って思ってた。

(※もちろん自然体験型環境教育を否定するつもりはないです。
 ただ自然体験以外にもいろんなアプローチが必要だと思うだけで。)

でも卒論を書く中で、
「家」というある意味、ハードな部分を整えることで、
中に入っている人の意識(ソフトの部分)を変えることができるんだ、
ってことがわかって、これはすごくおもしろいんじゃないかと思った。

ある「箱」を作れば、その中の人たちが自然と行動が変えられるような。
変えたいっていう意識を持っていてもなかなか行動に結びつけることは難しいから、
「箱」を作ってその中に入れば自然と行動が変わるような、そんな箱(エコマンション)を作りたいと思った。

マンションってたくさん人が住むところだから
作る側としては、戸建てをたくさん作るよりアプローチしやすいし、
住む側としては、多くの人がエコ生活をしてたらそれが「当たり前」になって
きっと自然にエコ生活ができるんじゃないかと思う。


じゃあ私の考えるエコマンションとはなにか。
今のところまだまだかなり不勉強だけど、アイディだけ羅列。

■建物を建てる際のゼロエミッション、ライフサイクルを考えた設計(?)
 建物超寿命化、太陽光発電、屋上・壁面緑化、断熱、国産材・自然素材使用・・・

これは結構一般的。
全部網羅してるのはないかもしれないけど、
だんだんと取り組まれてきていること。

最低条件かな。
でもここらへんは要研究。

■電気・水道・ガス料金、ゴミの量を各部屋で競う。
公共料金を管理組合で管理していれば結構簡単にできそうじゃない?
部屋が狭い人が有利かも。笑

コンビニとかにゴミを捨ててきちゃう人はどうしよう。
それは「良心」に任せるか?

そしてなにかしらのインセンティブがあったらおもしろい。
それは考え中。
成績の悪い人は張り出されるとかでもおもしろいかも。
共用部を優先使用権とかでもいいかな。
もしくは下記記載の畑からの収穫物を優先的にゲットできるとか?


マンション内で「エコマネー」や「エコポイント」とかを
発行しちゃうのもありかもしれない。
それで下記の、リユース品とかカーシェア優先利用権とかを
購入orポイントと交換できるような。
でもそしたら相当な大型マンションじゃないといけないかもしれない。


■リユース、リサイクル
不用品を持ち寄って、月1回
ガレージセールみたいなものを開く。
マンション外の地域の人とかも呼んだりして。

もしくはマンション内の掲示板とかで
不用品がある人は紙に書いておいて、
ほしい人が名前を書いて早いもの順or抽選でゲットできるとか。

■カーシェア、自転車シェア
車や自転車をシェアリング(共有)する。

■近くの農家と提携して、野菜を共同購入
地産地消を実現。

農業活性化に関わっている友達のアイディアによると、
「住んでいる人の出身地域の農家と提携する」ことで、
自分の出身地とのつながりを感じることができる、と。
・・・ある程度、出身地が同じ人が集まらないといけないけど。


■敷地内で、栽培
野菜でも、稲でも、なにかを。
コンポストを利用する。
仕事の持ち回りは要検討・・・

■雨水タンク設置
緊急用と、菜園用?

■コンポスト設置
菜園用
提携農家に返却すれば、循環できるかも?

■管理組合費の一部を自動的にNGOに寄付orSRI(社会的責任投資)?をする
規約で定める。
これって区分所有者および議決権の何分の何の同意が必要なんだろ?
4分の3でいいのか?要勉強。




・・・実現可能かはわからないけど、
こんなことに思いをはせてわくわくしてる今日この頃です。
環境技術だけじゃなくて、他のソフトの部分とかもエコにしたい。

まさに思考は無限大!
まぁまだ誰も知らない全く新しいようなアイディアは浮かんでこないけど。
そしてこれで採算とれるようなビジネスにしないといけないけど。

そしてやっぱりとりあえず今年は、宅建・マン管・管業だなぁ・・・・

昨日の夜、EcoWorkナビのオープンを記念して、
社会人アドバイザー2人とスタッフ6人で飲み会をしたヽ(´▽`*)ノ

なんだか終始、EcoWorkナビとはほとんど関係ないような
話ばっかりとだったと思うけど。笑


去年の2,3月くらいから「戦略的環境就職」を考え出して、
去年の8月ギャザリング(8G)で環境就職についての企画をやって、
それから3人で構想を練りだして、なんとなく形になってきた。

※「戦略的環境就職」とは・・・
 私が就職活動期に言い出したことで、
 環境意識の高い学生が就職をする際に、環境問題への取り組みをあまりしてないような企業を戦略的に選びだし、その企業に入り、内部から企業(社会)変えていこう、っていうもの。
 でも、自分の就職活動を通じて、まだ入社もしてない企業を「変えてやろう」なんて思いだとか、まだ企業で「やってないことを今後やりたい」っていうことがいかに難しいかを痛感する。(正直に語りすぎたのかもしれない)
 この思いの大半が、EcoWorkナビというプロジェクトのもとになった。



1年前、3人で始めたのが、今ではスタッフも10人以上になって、
いろんな人に協力してもらって。
少なくともすでに30人以上の人に協力してもらって成り立っているEcoWorkナビ


壮大な計画があったんでなく、
「トライ&エラー」でやってきたし、とりあえず動いてみる、みたいな。
ま、私が総括してるから、私流になるのもしょうがない・・・(^_^;)

最近も見切り発車で、
マエキタミヤコさんやNakano Keisukeさんにアタックをして
インタビュー企画をしようとしてます。


でも、EcoWorkナビをやってからこそ、
EcoWorkナビをネタに私もいろんな人と知り合えてラッキーな感じ。
そして自分と同じような思いをもって一緒にやってくれる仲間がいるって最高♪


どこまで広げられるかわからないけど、
やれるだけやってやろうじゃないか、っていう意気込みでいる今日この頃です。
去年の今頃なんていまいちモチベーション低かったと思うけどね。

もっと盛り上げていけたらいいな。



PS

インタビュー企画に参加したい学生大歓迎ですヽ(´▽`*)ノ
その際は、ご連絡ください。

珍しく三日連続更新。笑




前にJ-waveのwake up Tokyoの
Weider Power your morningっていう番組で駒崎さんがゲストとして出演してて
フローレンス」をはじめて知った。

(ちなみにWeider Power your morningは毎朝聞いてるけど、
 毎週違うゲストが「やる気注入」されるような話をしてくれておすすめ)

そして、ついに本を読み終えました。


読んだ感想は、駒崎さんって非常に頭のいい人だなと。
文章も読みやすくて、一見どこにでもいそうな人に思うほど親しみやすい。
でも難しいことを簡単なたとえ話にできたりとか
財務のことをよくわかってて数字に強いとかそういうことから。

バイタリティがあって、いいひらめきがあって、それを実行する実行力もある。
軽いノリでやっちゃう感じがする。
そして、くじけそうになったときも「いい人たち」との出会いがあって乗り切ってる。

家族とのケンカの話とか、恋愛(失恋)の話とか、エロいことが気になるとか、
個人的なことや心の中のことも包み隠さず書いているところも
好感を抱かせている気がする。
アイディアを盗まれたことに腹を立てるところも人間味をだしてて
「社会起業」っていうのは「聖人」のやることじゃなくて
もっとみんなができることなんだっていうメッセージ性を放ってる。

NPOをやっている人は「経営感覚がない」とよく言われる。
でも駒崎さんは経営感覚を身に着けていた。

最初に「ビジネス」をやっていたからこそ、それが「NPO」に活きた。
・・・私もはやく「経営感覚」をつけたいな。



ふつうにどっか遊びに行ったり、買い物したり、ふつうの仕事するのも
楽しいし、そんなに悪いわけじゃないけど、
やっぱりこういうことにワクワクしちゃうんだな私も。

「社会を変える」とか「社会の役に立つ」とかそういうことで、
自分の存在価値を見出したいのかもしれない。

「社会起業家」にあこがれる今日この頃です。
そのうち「社会起業」ももっとメジャーになるかもしれない。

mixiでほかのレビューみてたらご本人発見しちゃった。


オーガニックコットンの服をついに買った♪笑

オーガニックコットンの服を探してたわけじゃないけど、
たまたま服をみてて、気に入った服がオーガニックコットンだった!

値段的にちょっと買うの迷ってたけど、
オーガニックコットンってことを知って買ってみた。

エコファッションに、ちょっと第一歩な感じ。

ropepicnicはオーガニックコットンの服を結構扱ってるみたいね。
知らなかった。



ロペピクニック(rope picnic)
http://www.ropepicnic.com/

お盆休みも中盤!
昼間はぼちぼち勉強して、夜は出かけることが多い。
とくに自分から進んで予定いれなかったんだけどなぜかほとんど毎晩予定が・・・(´Д`)
ま、勉強だけはあきるしね。


というわけで、
昨日は、Remake Fashion Showにいってきた♪
青山ガールズコレクションというところがやっているイベントで。

前もエコパーティーがあって、学生のときにいったけど、
私の知ってるエコ活動はもっと泥臭い感じで(笑
ここに集まる人たちはおしゃれなふつうの人たちっていうイメージ。

マエキタミヤコさんと、中野恵介さんがトークショーのゲストとしてきてて、
お二人とも名刺交換をさせていただきました♪

とくにマエキタさんとお話できてドキドキした!!
でもほとんどの人が話しかけてなかったし、
みんなマエキタさんのすごさを知らないのかも・・・?


肝心のリメイクファッションは・・・
かっこいい&かわいい人が着るから似合うんだと思った。笑
ファッションショーってそもそもそうかもしれないけどね。

私は古着とかも買ったことがなくて、
なんかファッションセンスがないと着れない気がして。
服までエコにこだわれてないからもうちょっと目を向けてみようと思った。
なかなか難しいけどね。

マエキタさんもこのときオーガニックコットンを着てるっていってたけど、
オーガニックコットンってなかなか手がでないお値段・・・

「売れなくて着られずに捨てられる服」が年間10億とかなんとかで(正確な数字は忘れた・・・)
それは相当すごいと思った。
そして「買われたけど着られずに捨てられる服」も相当あるだろうな。
うちにもあるし・・・
あと「ちょっと着たけどあまり使われずに捨てられる服」もあるだろうな。

服のことを考えるいい機会でした。
ちょっと家の中の服を見直してみよう。



日本オーガニックコットン協会
http://www.joca.gr.jp/

今日は、大崎&品川にRといってきた。

最大の目的は、
think park towerをみるってことで。

友達から聞いてたので、大崎周辺の勉強のため。笑

でも、期待してたほどではなかった。笑
大崎ってなんもないね。ビル群で。
そして、日曜なのにあんまり人いないし。

そのthink parkの中も、あんまり栄えてない感じで。
平日のがにぎわってるのかな?

グリーンが売りなんだろうけど、
なんかいろんなスペースをうまく活用できてなくて
もったいないような気もした。
斜面にばーっと植栽してるところとか。見せるだけになってるところとか。
そういうもんなのかもしれないけど。

でもこういうビルが増えたら、都市はもっと暮らしやすくなるかもしれない。
どれだけCO2削減できて、温度が下がってるのかが知りたい。

トンボが飛んでたから、生態系に意味があるかもしれない。
でもたぶん見せるのが目的だからそこまでビオトープ要素はなさそう。
詳しい人いたら、教えてください。

関連記事
http://www.sanyo.oni.co.jp/sanyonews/2008/07/28/2008072808571523006.html


thinkparkはそんな感じで、そのあと品川まで歩いた。

前は街歩きとかあんまりしたことなかったけど、
(そんなゆったりした余裕もなかったし)
社会人になってから結構街歩きするようになった気がする。

大崎から品川にかけては、
閑静な住宅街&美術館などアーティスティックな感じだった。


そんで、品川で、「なんで屋」に出会った。

.... 続きを読む

去年の夏、
EcoWorkナビはここで生まれました。

構想はもとからあったけど、動き出したのはここから。

懐かしいです。8G。
一年前って短いようで長い。

今年は土日でいこうか迷い中。
興味のある人はぜひどうぞ゚+.(o・ω・o)ノ゙

以下、おしらせ。

================================================


夏だ!山だ!関ヶ原だ!

■□全国最大環境合宿□■
エコ・リーグ全国ギャザリング'08(略称:8G)
with 東アジア青年環境フォーラム
2008年8月28日(木)~9月1日(月)in 関ヶ原

受付始まる!

◇◆-------------------------------------------------------

うずうずしている、そこのあなた!
夏にはギャザリングですよ!全員集合~!

暑い夏は「環境」というキーワードで集まった青年と一緒に、
更にアツくなりましょう!!

今年は、東アジア青年環境フォーラム共同開催!

7月1日(火)から受付開始です!
海の日までに申し込めばさらにお得!!

<開催概要>
【日程】2008年8月28日(木)~9月1日(月)部分参加ありです!
【対象】環境問題や国際協力(特に環境分野)に関心のある全国の青年
【募集人数】250人
【場所】岐阜県 関ヶ原青少年自然の家
http://www.pref.gifu.lg.jp/pref/s27209/
【参加費】
会員 非会員
高校生 23,000 26,000
大学生 25,000 28,000
社会人 27,000 30,000

部分参加も可能です。
目安は1泊大学生(会員)で7,000円となっています。

【申込方法】HPから
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
HP:http://gathering.eco-2000.net/8g/

2008年7月1日(火)から受付開始となります。
海の日までに申し込めばさらにお得!!
「海割り」(早期割引)など、各種割引あり♪
詳しくはHPから!!

<企画概要>
[アクション。今、変えるために]
今、あなたは
動き出したくてうずうずしていませんか?
自分自身の活動に満足していますか?

もし、不安や疑問を感じているようなら、
このチャンスに全国の環境に関心のある仲間と一緒に考えてみませんか?

そんなあなたにチャンスを与えてくれるのが全国ギャザリングです!
今年は、東アジアからのゲストも来ます!
この機会に、世界に目を向けてみませんか?

当日をお楽しみに!!

[企画紹介]
■ギャザリングとは?■
環境に興味や関心がある人達が集まる<場>です。
最前線で環境活動をしている方を招いて話を聞いたり、
自分の活動を見つめなおすような時間を持ったり、
活動を高めるためのトレーニングをしたり、
と盛りだくさんの合宿イベントです。

同じ悩みや考えを待ってる青年や、今すでに活動している仲間と出会うことで
刺激を受け、新しい道や、考えを生み出すきっかけを見つけられます!!

■東アジア青年環境フォーラムとは?■
東アジア各国の青年環境リーダーたちとのディスカションを通して、
環境問題に対する理解を深め、青年による協働プロジェクトを立ち上げよう!
というフォーラムです。
将来的には、この集まりがアジアの青年による環境協力のプラットフォームとな
り、
アジア地域の持続可能性に繋げられるようにしていきたいと思っています。
アジア各国で活発に環境活動をしている青年を招待中!
*この事業は、独立行政法人環境再生保全機構
地球環境基金の助成を受けて実施しております。


[団体紹介]
■エコ・リーグとは?■
エコ・リーグ(全国青年環境連盟)は、
環境問題について様々な思いを持った人々に対し、
探し求めるものを見つけることのできる「場」
であることを目指し、活動しています。
エコ・リーグでは、環境問題に関心のある、
青年を対象としたイベントを定期的に行っています。

■エコなびとは?■
学生団体「エコなび」は、学生環境活動のサポートを目的に作られた
ホームページ「エコなび」を運営しています。
主に全国の学生環境団体を紹介したり、掲示板による交流の場を設けています。


【主催】エコ・リーグ(全国青年環境連盟)
〒162-0825
東京都新宿区神楽坂2-19 銀鈴会館507
TEL:03-5225-7206(FAX兼用)
MAIL:eleague@mxa.mesh.ne.jp
URL:http://portal.eco-2000.net/

【共同開催】東アジア青年環境フォーラム
URL:http://gathering.eco-2000.net/global/

【共同企画】エコなび
http://www3.to/eco-let

【お問い合わせ先】
エコ・リーグ ネットワークサポートチーム(担当:福田)
HP:http://gathering.eco-2000.net/8g/
MAIL:info8g2008@gmail.com



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2008 UNSUSTAINABLE LIFE, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。