admin admin List
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あとで書こうと思って忘れてたけど
この前テレビで『農業ブームが農業をだめにする』というような内容のテレビをみた。
ちょうど知り合いのうちで薄型の画面のめっちゃ大きいテレビで。笑

自給自足生活でそのピザやらなんやらを
お金で換算すると数万円だかの超高級料理になる、みたいな。
あと農業はそんな生温いものじゃないってことだったり
ブームはいずれさるものだとかいってたり
あとはあんまり本題に関係ない内容をやっていた。

タウンマーケットをみて題名前から気になった内容だったので
たいしたことなくてちょっとがっかり。
だからテレビはこんなものかなと思ってしまうよ。
もっといい番組はあるんだろうけど。


期待度のわりにたいしたことないと余計に評価下がるよね。
スポンサーサイト

アイスコーヒーが無料ででてくるこのシステム
すばらしいね!

マクドナルドはやってくれますね。

そして私はアイスコーヒーのみを頼みます。笑


朝マックが習慣づけばこれからも買ってくれるっていう
戦略なのかな。

マックはエコじゃないと思いつつ
引っ越してからは勉強場所はつねにマックです。。

環境系じゃない集まりに行ってきた。
海の家と、立食パーティー。

集まりはどこにでもあるんだなぁと。

話すことといったら
すんでる場所、仕事の内容、出身地、昔やってたスポーツなどなど。
なんかYENとかの集まりと話題が違うなぁと。

立食パーティーとかやるところっていい商売だよね。
たいして飲まず食わず(たくさん飲むといっても原価としてたいしたことないはず)で
一人3000円以上とれちゃうんだから。

それくらいだしたらもっといい食事ができるのにといつも思ってしまうけど。。



学生の時、誰かがいってたけど
集まりが主目的になっちゃいけない。
そこからなにか生み出さないといみがないみたいな。

清里ミーティングのときかな。ギャザリングのときかな。
おそらくどっちかで。
ただ集まることに満足してちゃいけないということだったと思う。

ただの遊びと清里ミーティング、ギャザリングを同じように考えてもしょうがないけど
やっぱり私はなにか意味を見出だしたいんだろうな。



という本を読んだ。
買ってしばらく積ん読だったけどやっと。

TFTというのをはじめてしった。
この著者の人が考えたものかと思ったら他の人が考えたものを著者がやっているらしい。

たしかにいい考えがあってもやる人がいなければ意味がない。

しかしこの20円で子供に給食を提供したところで
これ以上の人口を地球は支えきれるんだろうかと思っちゃう。

私も中3のときにどう生きようかということを考えた時に
国際(飢餓)問題にも興味があったけど
同時に環境問題を考えた時にただ支援をすることは果たしてマクロ的に見ていいことなのかどうなのかと。

給食で育つ子供達がその先どうなるのかと。
ただ寄附をすることが根本解決に繋がるのか。
そのへんがよくわからない。

勉強不足なことがいっぱいありすぎて。

寄附に頼る以上限界を感じるような気がする。


しかしこういう社会起業もあるんだな、とおもった。
社会のためになにかしようという人はやっぱりパワーがあると思うしすてきだと思う。

エコアパートエコマンションをつくるのが目下の夢だけど
よく考えたらそこはコンパクトシティとかそういう思想に反しているんじゃないかと。

都市に人が集中しすぎることに対して
分散していくのがいいといわれているのに
エコアパートエコマンションは人を集めるものだからね。

ま。今はそれでしかたないような気がしてて
次の段階だろうな。

今できることがエコアパートエコマンション何だとおもう。

前々から応援しあえたり刺激しあえたりサポートしあえたりする
一緒に頑張れる仲間がいるのは非常にいいなと思っていて
それを実践する会を作った。

仮称ドリームスペースだったのが今日正式にドリームスペースという名称に。

要はそれぞれがやりたいことを発表してそれに対するフィードバックとかをして夢をより実現に近づけようとするもの。

今日第一回目をやったけどなかなかいい感じだった。
集まったメンバーがよかった。6人の少人数でいろいろ話せて。

正直もうちょい深い話ができたらよかったけどそれはおいおいかな。

こうやっていろんなつながりができていろいろ実現できたらいいなぁとおもう。

海なんて小学校ぶりくらい。
海に誘われることもあんまりなかったし。

学生時代のインターン仲間に誘われ。
社会人サークルというやつで。
九十九里浜白里海岸の海の家『モンキーバナナ』を貸し切りで。

最近外にでてみたい気分なときなのでいってみた。

環境系以外のこういう集まりに参加したことないし
知り合いは一人しかいないし
水着はもちろんないし服もそういう感じじゃあんまりなかったし
かなりアウェイだったけど最後のほうは結構楽しかった。

こういう遊びでもなんかつながったら楽しいかなとおもう。
近い仕事してるひともいたし。



ま。たまにはこういうのもいいかな。

でた。
あおむしが。

今日気づいた。
その正体に。

最近なんでふんが落ちているのか不思議に思ってたけど
そのわけがやっとわかった!

とりのふんでもないし誰のふんだろうなぁとおもってたけど
まさかあおむしのふんとは!!!
あおむしがあんなふんをするのはカルチャーショックです。
結構大きい。。



私のふうせんかづらはワイルドに育ちすぎて
あちこちに伸び放題。
プランターからあふれてきてる。。


バルコニーをジャングル化計画が
私の意志に反して進んでるみたいです。

第一号の同居人(同居虫)ようこそって感じですね。

社会起業家支援サミット2009というのがあるらしい。
ちょうどMLで流れてきてた。

「社会起業」に興味ある今日この頃。
「利回り重視」といっている今の会社で
エコな投資物件を作るのは非常に難しい気がして。

べつにまだあきらめたわけじゃないけど。
ひとつの選択肢として、「起業」がありかな、と思ってるだけで。
そしてエコアパート、エコマンションが「社会起業」かっていう問題もあるけど( ´ω`)


しかし。

平日にいけるかよ、っていう。
ふつうの社会人にはきついな。なかなか。

.... 続きを読む

昨日、中高の友達とあった。
その子は今美大にいっていて芸術と国際協力を結び付けてなにかやりたいと。

人からばかにされても鼻で笑われても
話したいし伝えたいって思ってるところがすごいなと。
自らとびこんでいろんな人に会いに行って話を聞いているところとか
ばかだから行動しなきゃといっていたけどその行動が出来る人はなかなかいないと思う。

私もその話を聞くと全然行動できてないなぁと。。



その友達も『義務感からの国際協力』だと。
だれか社会起業家のひともいってたらしい。
恵まれている自分を意識して恵まれていない人達の上に自分の生活が成り立っていることを知り、なんかしなきゃと。
こういった話が出来たのがうれしかった。
中高時代こんな話をしなかったから。


芸術という分野で国際協力をしようという話をあまり聞いたことがないので非常に面白いなと。
芸術という一つの強みを持っているのはうらやましいよね。


やっぱり夢を語れる人は楽しい。
それが口先だけなら評価がた落ちだけど。
でも本気でなにかをやろうとしている人は必死だし輝いているよ。

元気をもらいました。

今日はえこわーくなびのメンバーで
葛西臨海公園でバーベキューをしました。

えこわーくなびメンバーでこういうお遊びは初めて。
飲み会もめったに開かないし。
ただたまにはこういうのも必要だなぁと思った。
モチベーション維持のためにも。

三連休があっという間に終了。
ばたばたしてたので部屋は若干散らかっているけど有意義に過ごせたかな。

8月の9連休をどう過ごそうかと今考えてるところだけど
とりあえず有意義に過ごしたいな。

中国語の短期講座があればいきたいな。
あとは溜まってる本を読んだり
エコマンション、エコアパート構想を練ったり、
友達の結婚パーティーの余興の練習をしたり
親戚でおばあちゃんの77のお祝いをしたり
できれば関西の友達に会いに行ったり
バルコニーをジャングル化計画を進めたり
貸金業務取扱主任者の勉強をしたり
っていう感じかな。
ちゃんと計画練らねば。。

なんだかんだで、私はキリスト教の影響をものすごく受けているんだろうと思う。
幼稚園がミッション系で、小学校のときも低学年のうちは近くの教会の日曜学校に通い、
中高もミッション系だったので。

中高で聖書の授業が毎週あって、
先生の話はあんまり聞いていなかったけど、
その授業中は聖書をひたすら読んでいたので。

だからといって、キリシタン(クリスチャン)でもなんでもないわけだけど、
ヤハウェイの神がいるとも思ってないけど、
でもやっぱり「生かされている自分」というものを常に思うわけで。

昔は毎日神に祈っていたときもあった。
主の祈りと
「世界が平和になりますように」
「みんなが幸せに暮らせますように」と。
たしか小学校高学年か中学の頃。

でも神は答えてくれなかったし、ニュースは悪いニュースばっかりだった。
(いいニュースよりも悪いニュースがどうしてもクローズアップされるので、
 ニュースをみるのはあんまり好きじゃない)

そのうち祈るのをやめたわけだけど、
それは神がなにをしてくれるわけでもないのだから
それであれば恵まれた立場にいる(なにかできる立場にいる)
私が自らなにか行動を起こさなきゃいけないのだと思ったわけで。

ただ祈る人だけの人でなく、
自ら変えられる人になりたいと思ったわけで。

そう思うとやっぱり宗教的な考えだといわれてしまっても
しかたないのかもしれない。
キリスト教の影響をもろに受けているのだろうから。

でもまぁそれはそれで私を構成する一部の要素であって、
否定するものでもなく、その上でなにをするかが重要なんだと思う。

考えれば考えるほどいろんなことがわからなくなるけど、
考えるだけじゃなくて行動をしながら答えをみつけていきたいな、と。

旅行と長距離ドライブは非常に好きです。


主の祈り

天にまします我らの父よ。
願わくはみ名を崇めさせたまえ。
御国を来たらせたまえ。
御心の天に成るごとく、地にも成させたまえ。
我らの日用の糧を今日も与えたまえ。
我らに罪を犯す者を我らが許すごとく、
我らの罪をも許したまえ。
我らを試みに会わせず、悪より救い出したまえ。
国と力と栄えとは限りなく汝のものなればなり。
アーメン

友達に会いに&赤ちゃんを見に。
友達で結婚して子どもができたのは、
大学の友達に続いて、2人目。

この友達は一コ上だけど、この前エコ・リーグ同期が
結婚するってmixiに書いてあった。同期初の。
うちらもそんな年かぁとびっくりするよ。


なんかほのぼのして幸せそうでうらやましいなと思った。
長野という土地柄、本当にのどかで。

そういう生き方もありだな、と。
私の都会での生活とはかけはなれていると思った。

たまに地方の自然豊かなところにいくのはやっぱり、
気分がリフレッシュされていい気持ちになれるけど、
23年間東京育ちの私が地方にいって生活できるかはわからないけど。
一山買って大型犬を放し飼いにして住みたいって夢はある。笑
荒廃した山(森)をCWニコルさんのアファンの森のようにしたいなと。
(今回、黒姫を通ったのに通り過ぎただけなのが残念だったけど)


その友達がいってた。

子どもが生まれて悟ったことがある。
今子どもはお母さんの母乳だけで育っていて、
その母乳はいい食事から作られるもので、
そのためには水と土が必要で、
そのためにはいい森が必要だと。
だから森林問題につながってきて、それをどうにかしたい、と。
(正確なニュアンスは違うかもだけど)

その友達は男だけど、
女性の子育てしている人たちが環境問題に関心が高いのは
やっぱり「子ども」の影響が大きいなと。


あと印象深かったのは、
友達は屋久島に移住したいということを学生時代いっていたわけだけど、
前には屋久島に味方が多いけど、今は長野に味方がたくさんできた、と。

なるほどなぁと。
たしかにどうしても屋久島じゃなきゃいけない理由はないだろうし、
人生はわからないものだなぁと。
私がその友達に会ったのは1年半弱ぶりで、
そのときにはその奥さんと友達はまだ出会ってなかったということでも、
人生はわからないものです。


私もいつか結婚して子どもがほしいなぁと思う。
それまでに産休後も社会復帰できるようなスキルを身につけておきたいと思うけど。

やっぱり「社会」とつながっていたいし、
自分が「社会」に役立っていると思いたいから。

ただ子どもの教育に力をいれたり、
子どもの友達のお母さんたちと
人のうわさをしたり世俗的な話をしながらすごすような
毎日を送りたくはないから。


いろいろ深い話ができる仲間は大切にしたいと思う。
つくづく学生時代にいい仲間を得ました。

午前中に選挙にいってきた。
選挙前だけに電話してくる●●党の人はやめてほしい。。
友達の妹が立会人をしてた。


そして午後は『降りてゆく生き方』をみに調布へ。
久々に京王線に乗って。


村を再開発して設けようとするファンド(アイアンファンド?)と悪者市長がいて
そのファンドから村に送り込まれた武田鉄矢がだんだん村人サイドに変わって
再開発をとめるという映画。
(こんなまとめでいいのかわからないけど…)

お金より命、というのが一番のテーマなのかな。
(クマの名前も「いのち」)

上演前と後にプロデューサーと出演者の人(悪役市長と小学生)がでてきて
話をしてくれた。
なかなか映画でこういう演出ってないよね。

募金の紙(150円分)をもらって、いくつかの会場前にきている
団体に寄付できる仕組みになってた。

こういう映画ってなかなか世の中にでないよね。
DVD発売やTV放送予定がないのはなんでだろう。

私は昔からこういう生き方にあこがれてる。
みんなが幸せじゃないと、自分の幸せはない、
みたいなニュアンスのことを映画の中でいっていたけど、
私も頭の中ではそうでありたいと思ってる。実際は難しいけど。

ところどころ感動した。

随所随所でぷちぷち途中で切れる感じがあまりよろしくないと思った。
わざとそういうつくりにしてるんだろうけど。。

新市長が「森田熊」(いかにもな感じが微妙。。)になったところで
村がどう活性化されたのか結末が見えなかった。
その先が知りたかった。

映画ってなかなか背景が見づらかったりするから
本当は本のが好き。
原作を読んでみたいと思った。

主題歌「ぼくらのあり方」がよかったからつい買ってしまった。。



7/11(土)は
午前出社の後、YEN(環境系若手社会人の集い)にいってきた。

今回のテーマは「環境で経済成長できるのか」
crossover21とのコラボ企画で。

一緒にディスカッションをしたのだけど、
なんだか議論がかみ合っていない気がして、
私はなにをいっていいかわからず、、という感じだった。
議論についていくのが難しかった。


「経済成長しなきゃいけない」という立場の人と、
「経済成長しなくてもいい」という立場の人とでは
同じ土俵で話をしていない気がして。

書きたいことはいっぱいあるけど、まだ後日。。

「投票ぴったん」っていうサイトがあるらしい。
http://votematch.jpn.org/

質問に答えていくと、政党と自分の答えがマッチしているかどうかを教えてくれる。

こういうのいいな、って思った。
でも質問がシンプルすぎて逆になんともいえなかったり、
背景知識がなくてなんともいえなかったり。。。

勉強しなきゃなぁ・・・・


「投票ぴったん2007
って書いてあるけど、内容が古くないのかちょっと心配・・・・・



YENにいかないなら、これにいってみたかったかも。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

☆★「未来は僕らの手の中プロジェクト」都議選バージョンが立ち上がりました!★☆

東京都議選まであと1週間を切りました。
みなさんご存知でしょうか、「未来は僕らの手の中プロジェクト」。

これは「たくさんの人に楽しく選挙に参加してもらいたい!」、「日本の投票率を
上げなきゃ!」という思いで立ち上がった、湘南発の全国どこでもプロジェクトです。


プロジェクトについて詳しくはコチラをご覧下さい。
↓↓↓↓↓
http://www.shonan-senkyo.net/2009togisen.html





現在サポートショップとサポートミュージシャンを募集しています。
是非ご参加ください!

【サポート例】
●サポートショップの場合
「TOKYO油田2017」では、投票証明書を持って来てくれた方に、
新品のサラダ油(100ml)か、天ぷら油で作った「うみのキャンドル」・石けんを
プレゼントします。

●サポートミュージシャンの場合
私がやっているバンド「よのなみ」では、投票証明書を持ってライブに来てくれた
方に、即興でその人のためだけの歌と笑顔をプレゼントします♪

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

☆★温暖化政策セミナー★☆


「Japan Young Greens」が主催する「温暖化政策セミナー」のご案内を
転送致します。
「政治から環境問題を変える!」という理念で活動をしている学生団体が主催の
セミナーです。

「Japan Young Greens」は「未来は僕らの手の中プロジェクト」の活動に賛同して
くれていて、セミナー内で「未来は僕らの手の中プロジェクト」の紹介を行います。
私が5分程度時間をいただいて話す予定です。

お時間ある方は是非お越し下さい。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


Japan Young Greens 副代表の渡辺 麻有子です。

今回は、中期目標が発表されたこと、
12月コペンハーゲンでのCOP15開催を受けて、
温暖化政策に焦点を当てました。
そしてヤングリならではの視点で、
衆院選の前に、各政党の温暖化政策を比較します。

当日は、温暖化防止に全国キャンペーンを広げるNGO【気候ネットワーク】からの
講演と、若者の投票率向上を目指してメディアに盛んに取り上げられている
学生団体【i-vote】(http://www.i-vote.jp/)からの講演があります!

ご参加お待ちしております。
(イベントフライヤーはHP(http://www.yanguri.com/)に掲載しています。)


===========================

■■□□温暖化防止の仕組み、地球を守る政策とは?□□■■

★☆参加者募集☆★

------------------ 11,July,2009 --------------------
 

  ◎NGOから日本の温暖化対策について聞こう!
  ◎各政党の温暖化政策の比較をしてみよう!


  ■■■?なぜ化石賞?■■■
  □□□?なぜ61位?□□□□


今、日本の2020年の削減中期目標に世界の関心が集まっています。
2007年度のCO2排出量は1990年より9%増加。
温暖化対策の会議COPでは対策に後ろ向きと評価された「化石賞」をもらい、
世界銀行の対策ランキングでは70ヵ国中61位となりました。
日本には優れた省エネ技術があるのにそれを活かせていません。


 ◎セミナーでは、全国規模で温暖化防止キャンペーンを広げているNGO気候
 ネットワークが、日本での削減する仕組みづくりについて講演します!
 
 ◎新しい仕組みをつくるため国会で議論される法律はどうなっているのでしょうか?
 各政党の温暖化政策を比較しました!
 これから始まる総選挙を前に、初めて政策を見る人へ各政党の特徴をお伝え
 します。


  日時:   2009年7月11日(土)
        19:00~21:00(18時30分開場)
  参加費: 無料
  場所:  国立オリンピック記念青少年センター
       (アクセス:小田急線参宮橋駅徒歩7分)
  参加申し込みは、ondanka-seisaku@hotmail.co.jpまで、「氏名、所属、連絡先
  アドレス」を記載の上、メールを送って下さい。



 プログラム
  ■NGO気候ネットワークより「温暖化防止の仕組みづくり」 19:00~19:50 
  ■Japan Young Greensより政党の温暖化政策比較 20:00~20:40
  ■みんなでやってみよう模擬投票!i-voteより 20:40~20:50

 温暖化に興味がある人、政策の違いを知ってみたい人、是非参加してください。
 日本の未来に青年の力を活かそう☆未来を選択するために投票に行こう☆
 オゾン層破壊を止めるために、フロン規制の法律化までつなげたNGOの方からお話を聞きたい方も是非お出で下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
主催:Japan Young Greens
環境問題を政策から解決!持続可能な社会をつくる環境政策を勉強中!
Japan Young Greensは複数の大学生からなる団体です。
一緒に活動する仲間を募集中です☆
HP: http://www.yanguri.com/



遊びであり学びであり。
本気で社会を変えたいと思っている人はどれくらいいるのかな。


昨日はなしてて思った。

やっぱり私の原動力は
偶然恵まれている立場に生まれた私はなにかをしなきゃいけないという義務感、使命感。

たまたま人間に生まれてたまたま恵まれた日本に生まれ、たまたま五体満足で、たまたま大学にもいって、何事もなく平穏に不自由なく暮らしてるわけで、でもそれはいつなくなるかわからない。

野生動物はつねに生命の危険を感じながら生きなきゃいけないし、恵まれない国に生まれた子たちは食べ物の心配をして暮らさなきゃいけないし、日本にだってワーキングプアの人たちだっているわけで。

でも私はそんな心配がない。

マズローの欲求レベルでいくと最高の自己実現欲求を満たしたいというレベルにいる。
基本的欲求はほぼ満たされているわけで。


それで世の中に環境問題という人間だけの問題じゃない大きな社会的問題があって、
北極ぐまに生まれたら温暖化が進んで自分たちが住む場所がなくなってもただどうすることもできなくて指をくわえてみてるしかない。

でも私はその問題を作り出した人間なわけで、そしておそらくこの地球上に存在する生物の中でこの問題を解決できる可能性がある唯一の生物が人間なわけで。

だから問題を解決できる立場にいる私はそのためになにかをしなくちゃいけないのだと進路を決めた中3の頃から思ってる。


たとえばもし私が明日から入院するようなことがあれば私は治療に専念すると思う。
なにか目の前に別の解決しなきゃいけない個人的なものがあればそれをどうにかしようとするだろうと思う。

でも実際はそうじゃないしやっぱり私は問題を解決できる立場にいるし
それが現状大幅な力不足だとしても恵まれた境遇にいるのはたしかなんだからそのために努力しなきやいけないんだろうと思う。

こんなこといって現実は会社でうまく立ち回れずに泣いたりとかしてるわけだけど
やっぱり15歳くらいから変わらないこの私の原点の思いは忘れたくないなぁと思う。


他の人はなにを思って生きているのかな。

前にここに書いた石鹸シャンプーてリンスを未だ使い続けてるけど
ごわごわするせいでリンスの使う量のがシャンプーより二倍くらい多いみたいでシャンプーがまだ半分くらい残ってるのにリンスが先なくなっちゃった。

で、どうしたかというと…

お酢リンスー!

前に本に書いてここにも書いてたことを思い出して。

使い心地は買ったリンスとあまり大差はないかなと…
においははじめは気になるけどたぶんすぐ消える。

ごわごわで抜け毛が多いのは変わらず。。

石鹸シャンプーなくなったらふつうのシャンプーが使いたいかも…


友達からシナリーのリンスインシャンプーをもらったけどそれもそれでごわごわしたし…

ここはなんか妥協しそうな気がするな…
私の髪が痛みすぎてるのかなぁ…
カラーリング&デジタルパーマなもので。。
この際黒髪ストレートを目指すしかないのかなぁ…

20090705081851
すくすく育ってきましたフウセンカヅラ。
種から植えてよく成長してます。

が。

自由奔放に育てているので?ワイルドになりすぎてるような気がする…

正しい育て方がわからない(´□`)




昨日は学部の友達の赤ちゃんをみにいってきた。

あとほかの友達の結婚写真をみせてもらったり。
モデルさんみたいでめっちゃきれいだった。雑誌に載ってそうな感じ。
元がかなりかわいいからだろうけど!

うちらもそんな年なのかと。。
みんな若干年上だけどね。


「もももスタートラインに立って」といわれたのが痛い。。。

でもそのために実家に帰るのはめんどい(ToT)

インターネット投票できたら楽だけどそれはそれでお手軽すぎてどうかと思う。。
適当に選んじゃいそう。


マニフェストをきちんと読んでじっくり社会のためを考えて投票してる人ってどれくらいいるんだろね?
政治や世の中に文句をいっている人に限って自分からはなにもしないイメージがある。


そうならないためにも私は投票にいかなきゃいけないかな。

アルゴアの不都合な真実でも「選挙にいこう」っていってた気がする。

昨日、森人メンバー4人で飲んだ。
私は飲んでなかったけど、なんか話がヒートアップ。
あんな話をするつもりじゃなかったんだけど。

学生時代にみんなそれなりにやりたいことと熱意を持ってやっていたはずなのに
社会人になってからは日々に追われていて流されている感じを受けていて。

じゃあ私がやりたいことをやっているのか、日々流されてないのかというと
完全にはそうじゃないけど、でも少なくとも意志を持っていろんなことに取り組んでいるとはいえる。
そんな私がみんなを上目線から見ているといわれてしまえば、そうかもしれないと思った。
それをみんなに求めちゃいけないといわれたけど、それはなんで?と思う。

大学時代もそうだった。
みんなそれなりに環境問題に興味を持っているのに、
なんで自分からなにかをしようとしないのか。
している私は「えらいね」という一言で片付けられてしまう。

興味は移り変わるし、それでいいんだといわれてしまえば、そうなのかもしれないけど、
じゃあそれが本当にやりたいことなのか?といいたくなる。

でもきっとみんな日々に流されてなぁなぁといきているわけで
本当に人生を選び取っている人は少ないとは思うけど
私はその少数派になりたいわけで。

なにをいっても私は他の人を批判しているような感じになってしまうと思った。
「なにもできてなくて申し訳なく思う」といわれてしまうのは、違う。
それを聞きたかったんじゃない。なきそうになった。

じゃあなにを求めていたかって、
日々やりたいこと、夢を持って生きる、刺激しあえる仲間でいたかったから。
なんか切り離されたような気がして。

大学時代と同じように私はあなたのようにはなれないというような
レッテルを張られたような気がして。



最近、ストレス発散がうまくいってない気がする。
エネルギーは沸いてくるのにどこへ向けていいかわからず消化不良な感じ。
自分だけエネルギーを向ければいい個人戦なら勝てる自信があるけど、
団体戦だったら周りとの調和が必要なわけで。


「人生とは悩むことである」というDさんのまとめをもって
私もここはまとめておこうかな。



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2009 UNSUSTAINABLE LIFE, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。