admin admin List
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日午後からドリスペ会合をした。
(※お互いの夢を応援しあう場を作ろうと去年立ち上げたもの)
http://momoeco.blog26.fc2.com/blog-entry-483.html

今回は、当初に立てたアクションプランの振り返りと、
今年度のアクションプランの表明。

私の目下の夢は
入社3年以内に社内事業としてエコアパート・エコマンションをつくる!
というものだった。

だけど、
・実現方法・手段が未だ明確でない
・エコマンション構想をパワポで一度作ったっきり
・会社に「エコ」の土壌がない中で0から立ち上げるのが非常に難しい
というものがあり・・・

現状分析をしてみると
・今、企画開発部で土地仕入担当。営業兼務。
・アパートプロジェクトリーダー(マンションプロジェクトリーダーは今年でいったん終わり)
・社内で「エコをやりたい!」と表明はしているが具体的でない
・設計・建築を学ばないと携われないのではないか?という疑問
 (どういう部材を使っているのか、ごみをどのくらい出しているのか、どういう思想を持って設計をしているのか、ということをまったく知らない)

社内の動きとして
エコポイント制度という追い風
中古マンションリノベーション事業をやっていく
というものがあり、

やっぱり3月のマイテーマとした
マンションリノベーション」を、今年のテーマとしてやっていこうということに行き着いた。

せっきーに突っ込まれて改めて気づかされたけど、
うちの会社は世の中からみて、
1.イノベーター
2.アーリーアダプター
3.アーリーマジョリティ
4.レイトマジョリティ
5.ラガード

っていう中でみたら、アーリーマジョリティぐらいの位置なんじゃないかと思う。

全然、世の中を先をいくようなんじゃなくて、
新たな動きに追随するようなタイプ。

でも私自身でみたら、
会社ですでにやっていることに乗っかるんじゃなくて、
なにもやっていないところで新たに始めるっていうことであって、
私自身でみたら後者の方が意義があると思うし、そうしたい。

でなきゃ、エコをまだやってないところでエコをするのも環境就職!
という風に謳う「エコワークナビ」の方針と違っちゃう。
まずは自分自身ができなきゃ、っていう思いが強い。


だからこそ、今年の目標としては、
「リノベーション一室、仕入企画&販売を達成する!」ということ。

具体的には
・リノベーション・中古マンションについての本を読む(最低月3冊)
→ブログに記録
・実際にマンション、アパートを見に行く(最低月1つ)
→ブログに記録

あとは個人的に
・マンション購入!?も視野に入れて動きたいな、と。
人にすすめるにはまず自分がやってみなきゃっていう思いもあり。
ただその前に給料アップできるのか!?っていう問題もあるけど・・・


今日の気づきで、
やっぱり私(会社含め)情報が遅れてるっていうのはすごくあって
世の中についていってないんじゃないかという思いもあり、
もっと情報を仕入れなきゃ!って思った。
世の中の動きについていかなきゃと。
日経新聞を会社で読んでるけど、いまいちそんなんじゃだめな気がする。
もっと業界の情報とか仕入れなきゃな、と。
週末は土日どちらかで必ず図書館に行くようにしよう。
今ちょうど本借りてていいサイクルができつつあるから。


サラリーマンである以上、会社に振り回されるというか
会社の方針に従うことはしょうがないことで(レンジだってそう)
ただその中で自分がどう臨機応変に対応するか、だと思う。
その中でどう「自分のやりがい」を探すか。


就職するときに「3年間は会社を続ける」って決めてたから
それを変える気もない。
たぶん今転職活動をしようとしたところであまりいいことはないと思う。
まだ時期でないと思う。

転職するなら、外部でいい情報を見つけるか、お声がかかったときにしたい。
自分から積極的に転職活動っていうのはせずに、
来たチャンスに備えてがんばりたい。


気づいたらもうあと1年!
時間が経つのがはやくてびっくりするよ。
なにもできてないんじゃないかと焦ることもあるし、
逆に夢と現実とのギャップが激しくてどうしようもなくなるときもある。

最大の人生テーマは
「環境問題の解決に貢献した一人として社会的に認められること」なのに、
それとはほど遠いんじゃないか。
今その夢にきちんと向かっていけてるのか、と。

私がエコマンション・エコアパートをつくったところで
(それがどんなものにもよるけど)
地球環境にどれだけ影響があるのかっていうのも疑問だし、
もっと敷居を低くした「マンション一室リノベーション」で
どれだけ影響があるのかってすごく意味のないことなんじゃないかと思えてくるけど、

でもそれは夢へのひとつのステップなわけで、
それすらも達成できなかったらもっと大きな夢は達成できないと思うし、
とりあえず目標に掲げたことを最後までやりぬくことが大事なんじゃないかな、と。


いろいろ考えるところがあって、
忘れないうちにと思って渋谷のマンガ喫茶で書いている次第です。

とりあえずドリスペはこのまま続けて、熱い思いを忘れないようにしたい。
スポンサーサイト

3/20(土)~3/21(日)で若者スキルアップ講座にいってきた。

テーマは「プレゼンテーション」
BumB東京スポーツ文化館ってところで。

 


せいさんのmixiに書いてあって
ちょうどあいてるからいってみよう的なノリで。
(せいさんありがとうございました!)

第1回も知ってたら行きたかった。

ひさびさに全然知らない人達の集まりにいった。笑
いい刺激もらって最近下がり気味のモチベーションがあげられたらいいなーと思って。

案の定個性の強いおもしろい人達がきてたよ。
「若者」っていうから学生がほとんどじゃないかと心配したけどそんなこともなかった。
参加者9人のうち学生は2人だけ。


マーチンルーサーキングの演説とか、絵本の読み聞かせとか、グループワークとかを通じて思ったのは
○演じ切ること(そこまでやる「えいや」の精神)
○演じ切れるまでの自分への落とし込み
が大事なんだと感じた。

グループワークもひさびさにやって
べつにどこが悪かったっていう具体的な自分自身への反省はあまりないけど
(発言が少ないメンバーにふったり、リーダー的な人がいなかったからすすんでログとって進めようと配慮したし)
やっぱり難しさを感じた。

「怒られるかと思っていうんだけど…」っていう意見にたいして
「じゃあいわなければいいのに」とか思ったり。(話しの根本の腰を折るようなものだったから)
まぁそういう思っていることを口にだしてくれたのはよかったと思わなきゃ、なんだろうけど。

たまにはこういうのもいいよね。
こういう知らない人達でのコミュニケーション。


でも会社に入ったらこういう対等な立場でのコミュニケーションなんてできない。
学生のときこういうのに参加して社会人と対等に(すくなくとも対等に近く)話ができたと思ってても
会社に入ったら上下関係があるわけで対等な話し合いなんてできるわけがないわけで。
だから学生のとき勘違いしちゃいけないんだとも思う。


夜は眠くて一番はやくフェードアウトした。
学生の頃はみんなで語る時間がもったいなくて寝れなかったけど。

一泊二日で7000円は、かなりお得な感じ。
またこういうのには積極的に参加して行きたいなーと思う。


最近の日記は愚痴っぽいと指摘されて
まさにそうだなーと思う。
久々に前向きな気分になった気がするよ。


最初の自己紹介で
「好きな言葉」っていうのを書くのがあって
私はものすごく考えたあと「頑張る」って書いた。

昔は「頑張る」ってあんまり好きじゃなくて「なんでも軽くこなす自分」っていうのが好きだったんだけど
大学時代みんなの頑張りにかなり影響をうけて、「頑張る自分」っていうのが好きになって
「頑張ってない自分」が好きじゃなくなった。
今の自分が否定的なことしか書けないのは「頑張ってない自分」が嫌いだからだと思う。

また自己肯定できるような「頑張る自分」を維持し続けたいと思う。

昨日は平日夜ひさびさに出かけた。友達と勉強会の打ち合わせ。

最近インドアだったけど外にでるのはまたそれなりに楽しい。
今週末は泊まりがけでスキルアップ講座。

またちょっとずつ外にでていこうかなと。



メモ。
最近の私の生活は「主婦みたい」

最近夢がどんどん遠ざかる気がするのは現実を知ったから?
夢と現実のギャップが大きすぎるから?
埋めるためにはどうしたらいい?
→篭ってるだけじゃ遠ざかるばかり。もっと外に出ようかな。

気づいたら一人暮らしももう1年。
なんか最近あまり新しいことがなくてぐだぐだしてるのかも

毎週水曜日に6:00からのテレビ中国語講座を
みたかったんだけどいつも起きれずに1ヶ月が経過…

ワンセグで録画できることを知り、試してみた。

今日はケータイが起動していたのを無意識でとめてしまし
途中までしか録画されてなかったけど、ばっちしみれた。

ということでこれからは中国語まじめに勉強しちゃうよ。
大学時代に果たせなかった中国人の友達の会話に混ざることを再び目標として。

http://sekaino.toshinou.jp/

はじめてみた。

サブタイトルに引かれ図書館で借りた本。
「自分でつくる、自分の家 リノベーションで素敵な暮らし」


ぱらっとみて自分で時間かけてやるのは無理だと思った。笑
そこまで時間かけて趣味的にやるのは興味ないかな。
素人でここまでやるのは無理だろうと思った。
実際やる人なんているのかな?
きっといないからうちみたいな会社があるんだと思うけど。

だからこの著者の会社の紹介でもあるのかな。
うちの社長も本出版すれば宣伝になるのに。笑
でもダークサイドがある限り無理か。

午前中出社して仕事して
午後は水道橋に遊びに行った。

東京ドームシティの観覧車とかジェットコースター乗ったり
LaQuaで温泉入って癒された。

観覧車(ビッグオー)って建築費一台いくらするんだろね?
億レベルだろうけど一回800円で何年で元が取れるのかが気になる。

ジェットコースターは昔平気だったのに
歳をとったらだめになった。
サンダードルフィンまじ怖い。もう二度と乗らない。
なんで危険を侵して乗るかわかんないよね。
心臓に悪い。

マジクエストっていうのもいって、
これはリアルなRPGみたいなやつでよくできてるなぁと思った。
スペイン村いったときのアリスの魔法の杖と同じ仕組みなんだと思う。
お子様が多かったけどこういうリアルなバーチャル体験っていうのはおもしろいね。
子供の杖とりあげて子供より張り切ってる親とかいた。

初回は杖を買ってそこにデータをセーブできて
一回じゃクリアできなくて何度も通わなくちゃいけないというもの。
館内を杖を持って回るの。
服装とかそれっぽいの貸し出したりしたらもっとおもしろそう。
ふつうの服装ってのがなんか雰囲気壊す気がしたから。
スタッフはコスプレしてたけど。

あと3Dとか加わったりしてもおもしろそう。
3D眼鏡で歩き回るとか危険だと思うけど…


ムーミンをモチーフにしたお店があって、
大きなムーミンのぬいぐるみが椅子にすわってて一緒に食べられたり、
テーブルも内装もすべてムーミン調っていうお店だった。
ぬいぐるみはなかなかいいサービスだなぁと思った。
これまたバーチャルをちょっとだけリアルにした感じだよね。





ムーミンカフェ
http://www.benelic.com/moomin_cafe/


LaQua(ラクーア)でくつろいでたら日本人は幸せだよなーと思った。
数千円でこんな寛げるんだもんね。
そんなんでいいのかなぁって。


そんな感じの週末でした。

また明日からお仕事がんばろう。



この著者の大久保さんって結婚してるのかな?
マンション3回買ったって買い替えかな?

なんか資料がデータによるものってよりも主観によるものが多い気がした。
ところどころ「必ずしもそうはいえない」んじゃないかな、って思った。
結局判断は人それぞれによるものがあるしね。

例えば蒲田だって、西と東で全然違うわけで。
必ずしも蒲田っていう一つのくくりじゃ語れないわけで。
だからエリアでくくるのは数の論理でしかなく、それが正しいとは言えない。


職場や実家がどこかによっても、自分にとっていい「街タイプ」は変わってくるわけで。



城南地区だけでなく、もっと他のエリアにも詳しくなりたいと思う今日この頃です。
でもやっぱりまずは地元エリアから熟知しないと…



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2010 UNSUSTAINABLE LIFE, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。