admin admin List
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

建築のオリンピックと呼ばれる、UIA201東京大会にいってきた!

世界各国から建築家が集まる、ビッグイベントだったみたい。
参加費が異常に高く、そこまで参加しなかったけど・・・

無料講演を聞いてきた!
有料ゾーンではなにをやっていたのかいまいちわからず。。

●安藤忠雄講演会

<キーワード>
・鎮魂の森
・勇気、野心(野生)があればやっていける
・建築は体験。建物の下でその本を読む。
・少々のこと失敗しても立ち上がる
・自然と共生。都市はそういうもの
・仕事は自分でつくる、提案していく
 「私の仕事はほとんど頼まれたものではないんです」
・建築を通してユーモア
・歴史や伝統を守っていく
・人があつまって豊かさを感じる
・つくった建物の面倒を見る

・光の教会
・海の森プロジェクト
・直島プロジェクト

海の森プロジェクトくらいしか知らなかったけど、
しかし安藤忠雄氏はすごい人だなと思った。

すごい笑いが起きていた。ところどころ。

「日本の橋をかける技術は世界一だと思う。
 どうしてかっていうと、無駄な橋をかけて練習しているから」

といった感じの皮肉なジョークが多かったかな。
それが安藤節?

建築は体験だ!ということで、
安藤忠雄スタンプラリーまわってみたいなって思った。

●「これからの環境建築を考える」

すごく興味あるんだけど、眠気やばくて、あんまり内容覚えてない。。

アブダビとドバイの違いとか、
家と家の間隔とか、風の通り道とかの話をしてた!

●「自然と共存しうる技術とはなにか」

これもところどころ寝てたので全部はわからないけど、、、
伊東豊雄氏をみたくて!

今課題で調べてたりしたので。
安藤氏もそうだけど、伊東氏とか、
有名建築家を間近でみれたってのはちょっと感動。

伊東氏の話は、今回の311は、
海と、人間の住むところを防波堤で一線を引いたこと、
原発を囲って人間の住むところから隔離したこと、
それが安全だと信じていた「安全神話の崩壊」であったと。
だから天災ではなく人災なんだと。

イラストがすごくわかりやすかった。
2週間に1度のペースで被災地にいっているらしい。

自然と建築(まち)との間に、
しなやか(あいまち)な境界を設定していくことが重要
っていう話をされていて、なるほどなぁと思った。

●SANAA「環境と建築」

授業でもちょっと「SANAA」って紹介されていたのでちょっと興味あった。

・金沢現代美術館
・トレド ガラス美術館?
・瀬戸内海アートPJ
・軽井沢 美術館
・NY コミュニティセンター
・ルーブル美術館 別館
とかいろんな美術館の話をしてた!

そういうのに特化してるのかな?よくわからないけど。

箱をずらしたような、「セットバック」してる建物とか
変わってるなって思った。

樹木をよけてカーブした屋根を配置したのを紹介してて、
柱と天井をつければ、それで建築なんだーって思った。

ある建物は、天井がなくて、雨風が入ってくるって紹介してたけど、
そのまま次にいっちゃって、それでいいの!?って思った。

「ワンルーム空間」ってのをよく言ってた気がする。

すごくいろんな今までや今しかかり中の建築の紹介をしていたんだけど、
逆にいうとそれだけで終わってしまって、なんだったんだろう、って感じだったけど・・・
そこをくみ取らないといけなかったのかな!?


すまい・建築・都市の環境展 ecobuild2001

同じ会場でやっていたから、こっちにもいった。

「環境展」ってのに期待していったけど、あんまり期待したような感じじゃなかった・・・
「商談席」とか書かれててビジネスチックだったから私はちょっと場違いな感じだった。

「東京の建築」の資料とか、お茶を無料でもらえたので、いってよかったかなw


====


最近いろんな建築の展示会にいってみたいと思うようになった!

安藤氏も「建築は体験だ!」って言ってたし。

いろいろ折をみて見に行こう!

建築家っていう職業もなかなかいいなって思う。
大きな仕事ができそうで。

サラリーマンみたいに小さいことしかできないんじゃなくて、
一人の力で大きな影響力を与えられるところに魅力を感じる。

安藤氏の影響力絶大でしょ。
6500人くらい集まってたみたいだけど、あれだけの列に並んだの初めてだった!
それだけで安藤氏の偉大さを知りました。

まぁ建築家の中でも、そのレベルまで行ける人は少ないんだろうけど。
でも海の森プロジェクトとか、直島プロジェクトとか
そういう大きなことできるのいいよね。
私もいつかそういうことがしたい。

久高島でパワーをもらってきたとこだし、
ガッツをもってがんばろうって思う!がんばるんば!
スポンサーサイト

昨日、今日と、フィールドワーク。
表参道~原宿~渋谷の三角のエリア。

たぶん実家や会社付近の次くらいに
よく知ってる地域ではあるけど、新たな発見がたくさんあった!

逆にもし私が地方から出てきてて全くはじめてで回るのは
迷子になって大変だっただろうと思う。。

■コンビニ

DVC00121 (2)
コンクリートの中のファミリーマート


周辺に合わせたガラス張りのファミリーマート


看板がちょっと違うファミリーマート(電力館近く)


周辺に合わせたサイディング張りのセブンイレブン

DVC00103 (2)
看板がちょっと違うローソン

■交番

DVC00104 (2)
交番さえも周辺になじむようなデザイン。

■ゴミ箱

DVC00138 (2)
渋谷のゴミ箱・・・薄汚れていて落書きされている


表参道のゴミ箱・・・統一されたデザインで設置されている

こんなところから、渋谷らしさ、表参道らしさを感じる。

■緑だらけの建物

DVC00127 (2)
なにかと思ったら、青山フェアリーハウスという結婚式場。

表参道のケヤキ並木を除いては、あまり大きな緑はないけど、
こういう感じで建物に緑を取り入れているところはいくつもあって、
そういうところから、この辺の都会らしさを感じる。

■国連大学裏

こんな空地があったとは。青山病院(?)の跡地だそうな。


■公開空地

っていう言葉があることを初めて知った。




■ミッキー発見

DVC00116 (2)


■のんべい横丁

「歴史」の軸として。



吉祥寺のハモニカ横丁みたいな横丁が
渋谷にもあったとは!?

てか、そもそも横丁ってなに?
こういうごちゃごちゃした再建不可みたいなお店が並んでるところをいうのかな?

昭和25年につくられたらしい。
渋谷で、昭和を感じることができる場所ってことでかなりの発見でした。

昼間だからよかったものの、夜にはいきたくないところ。

参考URL:http://www.president.co.jp/dan/backnumber/2003/20030400/1380/


図書館で借りた参考図書の中で、歴史といえば、
隠田神社とか、宮益坂とか、御嶽神社とか、そういうものが書かれていて
それを改めてみたりしたけど、本に載ってなかったここを発見したのは私の中で一番の収穫かも!


■宮下公園

宮下公園が近代化してた!
(っていうか行ったことなかったけど・・・)

大人の遊び場って感じ。

しかしホームレスの影は至る所に。。。


===========

なんだかんだでいろいろな発見があった!

カメラとか普段持ち歩かないけど
(今回のはすべてケータイカメラ)
いつもカメラを持ち歩いたら結構楽しそう!

これから物件調査に行くときは、「その街らしさ」とはなにか、
ってことを考えながらみてみたいな。
まぁ設計に反映されなきゃあんまり意味ないけど・・・
でも企画の時点でちょっと提案してみたい!

その土地だけでなく、周辺環境に即した設計・建築をする。
これはかなり重要なことだと思う。

みんな歴史を調べたりして、かなり真面目にやってた!

しかし先生がいうように「調べれば調べるほど建築がしづらくなる」というのもそう。
全ての要素が集まって「その街らしさ」をつくりだしているんだろうし、
いつか自分がつくった建物が「その街らしさ」を構成していく一つになるんだと思う。

ただ先生がいっていたように「設計図だけでなく建築物にサインをいれるように」
恥ずかしくない建物を作りたいな。

今の仕事でもいい建物をつくっていきたいと思った。

いいフィールドワークだったな。


誰も協力してくれなければやめるのに
なぜかいつもいい協力者がいるんだよね、ありがたいことに。

家の外の都市(まち)の中の家に行ってきた。

もっと大々的にやっているのかと思いきや、
結構小規模だった。。

>アトリエ・ワンの〈ハウス&アトリエ・ワン〉、
>西沢立衛の〈森山邸〉を
>実物の約1/2サイズという身体的なスケールで

ということだったけど、どっちも知らない建物だったから
「ふーん」っていう感じだった。。

どちらかっていうと、
「新しい都市のインデックス」っていう展示のほうが考えさせられた。


住宅が、第一世代~第三世代で分類でき、
第一世代:生垣に囲まれた平屋の庭付き一戸建て
第二世代:庭の駐車場、ビルトイン駐車場の二層の家
第三世代:ビルトイン駐車場の三階建て
だそうで、たしかに今は第三世代が増えてるなーって思う。

実家は第二世代だ。

東京は、外でも過ごしやすい気候で、
外で過ごしにくい日数は年間15日。
ニューヨークは79日。パリは32日。だそうで、
圧倒的に東京が暮らしやすいみたい。
(情報が少なくてもっとほかの都市も気になるけど・・・)

シェアハウスが増加してるとか、
ここにも「ひつじ不動産」登場か!と思った。

「アテネ憲章」が人のいないオフィスを生んだって
書いてあったのは意外だった。
っていうか「アテネ憲章」って聞いたことあるけどなんだっけレベル。
歴史でやったような?

せまい道や複雑に入り組んでいる道が、
車を通りにくくし、安心感を生み出しているっていうのは
たしかになーって思った!

碁盤の目のように、整備されるのが必ずしもいいわけじゃない!
どこの道通ってるのかとかわからなくなるしねw


模型のあった家のことがわからなかったので、
公式ブック的なものを買ってみた!

また読んだら感想書きます。

こういう展示会、これからもちょくちょくいってみたいな。
一人でも楽しめる。

日曜に『完成!ドリームハウス』っていうTV番組をみた!

http://www.tv-tokyo.co.jp/dreamhouse/special30_110904_02.html

3つの建物をくっつけた形で、
メガホンスペース(だっけ?)を作って、
風を通るようにしたとのこと。

そしたらいろいろ空きスペースができるから
もったいないんじゃないかと思ったけど、
ウェブでみたら、建蔽率40%とのこと。

それなら結構ギリギリまで建蔽率使えてたのかな?


キッチンをコンクリートで作っちゃうとか驚き!
しかし見ていたキッチンが300~400万?って高すぎ!!

建築費全部で5000万くらいになったみたいだけど、
お金持ちはうらやましい!

ジューンベリーっていう巨大な樹を植えちゃったり。

私もいつか自分でこういう建物を企画して住みたいものです。

リクルートエージェントにいってきた。

すぐに転職したいわけじゃないけど
視野を広げようと思って。

コスモスイニシアを薦められたんだけど
リクルートだから?

転職するには若いっていわれた。
27~9が求められているらしい!ちょっと意外。

第2新卒くらいのがいいのかなって思ってたから。
まぁ不動産業はある意味専門職だからかな?

でもそういう場合って企業は
結婚とか子育てとかどう考えてるんだろう?

今転職するメリットとデメリットを聞けばよかったな。


年収的にはあがるかはわからないけど
下がることはなさそうかな。

今日は本当にさわりだけで
むこうはあんまり質問してこなかったし
こっちが質問をした感じ。

でも面談ってちょっと緊張した!
なんで転職を考えてるかとか聞かれて。。

ただ私がほかの会社で通用するかどうかは
実際に企業の面接を受けてみないとわからなそう。

今の仕事の話をちょっとしたら、働き方を気にしてるっていわれてたしかにそうかもと思った。
もうちょっと深く掘り下げる必要があるな。

なんで今の会社じゃだめかとか。
今転職するメリットとかデメリットとか。


しかしやっぱり2級建築士とれてから、
転職したほうが無難かも?
今転職しても大変な仕事ばっかりな気がする!

そして転職するにも結構時間がかかりそうだし。
平日面接だっていうし。もうちょっと会社でスキル積むかな。
もうちょっと仕事のやり方変えてみよう!

とくに仕入・開発業務についてもっと力入れよう!
だまってると教えてもらえないし、身につかないだろうし。
自分から積極的に動かないと。

会社に食われて、自分を見失っちゃだめだな!


年収があがるとか、スキルアップになるとか、
時間が今より自由に使えるようになるとか
総合的に見て転職するメリットが大きければ転職するかな。

なんとなくモチベーションあがったので、会ってみてよかったかな。



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2011 UNSUSTAINABLE LIFE, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。