admin admin List
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1.ほかに使い道はないか
⇒別の使い道を考える

2.ほかからアイディアを借りられないか
⇒その問題と似たものからヒントを借りてくる

3.変えてみたらどうか
⇒物の形や色や大きさなどを変更してみる

4.大きくしてみたらどうか
⇒現にあるものを大きくしたり、何かを付け加えたりする

5.小さくしてみたらどうか
⇒現にあるものを小さくしたり、何kをはずしたりする

6.ほかのもので代用できないか
⇒別の方法や手段を考える

7.入れ替えてみたらどうか
⇒部分と部分、要素と要素などを入れ替えてみる

8.逆にしてみたらどうか
⇒前後、左右、上下などをさかさまにしてみる

9.組み合わせてみたらどうか
⇒何かと何かを組み合わせる


<引用元>
「ない」といわれたところに市場はあった!―なぜ売れるのか? 気がつかなかったこの着眼点
スポンサーサイト



ちきりん氏の本。

前にも読んだことがあったけど、再読。


●「考える時間を見える化する」
情報収集や、グラフの加工は考えることではない!


⇒たしかに仕事で表を作っていると考えて仕事している気になるけど、
 表や体裁を考えているだけで本当に考えている時間がどれくらいあるのか。
 「エクセルを閉じて考える」のが大事!

●「頭の回転が早い」人は、その場で考えているよりも、
 すでに考えてあった結論を「思考の棚」から取り出している


⇒普段から考えていることが大事!


1.知識は思考の棚の中に整理すること
2.空いている棚に入るべき、まだ手に入っていない知識を常に意識すること
3.それらの知識が手に入ればいえるようになることを、事前に考えておくこと

「考える」とは。
・いったん「知識」を分離する
・「意思決定のプロセス」を決める
・「なぜ?」「だからなんなの?」を問う
・あらゆる可能性を探る
・縦と横に並べて比較してみる
・判断基準の取捨選択をする
・レベルをごっちゃにしない
・自分独自の「フィルター」を見つける
・データはとことん追いかける
・視覚化で思考を深化させる
・知識は「思考の棚」に整理する



「思考ノート」をこれからつけることにした!!
少なくとも月1個のことについて深く考えることにする!



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2014 UNSUSTAINABLE LIFE, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。