admin admin List
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日は、大崎&品川にRといってきた。

最大の目的は、
think park towerをみるってことで。

友達から聞いてたので、大崎周辺の勉強のため。笑

でも、期待してたほどではなかった。笑
大崎ってなんもないね。ビル群で。
そして、日曜なのにあんまり人いないし。

そのthink parkの中も、あんまり栄えてない感じで。
平日のがにぎわってるのかな?

グリーンが売りなんだろうけど、
なんかいろんなスペースをうまく活用できてなくて
もったいないような気もした。
斜面にばーっと植栽してるところとか。見せるだけになってるところとか。
そういうもんなのかもしれないけど。

でもこういうビルが増えたら、都市はもっと暮らしやすくなるかもしれない。
どれだけCO2削減できて、温度が下がってるのかが知りたい。

トンボが飛んでたから、生態系に意味があるかもしれない。
でもたぶん見せるのが目的だからそこまでビオトープ要素はなさそう。
詳しい人いたら、教えてください。

関連記事
http://www.sanyo.oni.co.jp/sanyonews/2008/07/28/2008072808571523006.html


thinkparkはそんな感じで、そのあと品川まで歩いた。

前は街歩きとかあんまりしたことなかったけど、
(そんなゆったりした余裕もなかったし)
社会人になってから結構街歩きするようになった気がする。

大崎から品川にかけては、
閑静な住宅街&美術館などアーティスティックな感じだった。


そんで、品川で、「なんで屋」に出会った。

みんなの「なんで」に答えるってことをやってるみたい。
最初は、かわいい動物+言葉のカードに惹かれて。
(まんまと作戦に引っかかってるのかも)

「なんで屋をやってるのはなんで?」
っていう疑問を聞いて、
社会問題から始まって、
なぜか環境問題(とくにCO2による温暖化説)について語ってしまった。

CO2による温暖化説は間違っている、
っていう話をされた。
なんでその話に発展したのか忘れたけど。

以下はやりとりの一部。
(「」は、なんで屋の人。『』は私の発言。)

「温暖化は、廃熱によるものなんですよ」
『ヒートアイランド現象と、温暖化現象を混同してませんか?』
『各地の異常気象や、南極の氷が溶けてるのはどうやって説明しますか?』
「南極の氷は実際は溶けてません」
「CO2温暖化説を誰がいいだしたか知ってますか?イギリスのサッチャーです」
「イギリスは原子力の国だから・・・・(略)」
「ロスチャイルド家が・・・・。ロックフェラーが・・・・。」
「だから、誰も反論できないんです」

みたいな話でした。

『じゃあもしそうだとしたら、世界はCO2温暖化説の方向で進んでいるのだから
 それを変えていかないといけないですよね?それをどうやって変えていくんですか?』
「(要約すると)こうやってみんなに知らしめていくことです」

ってことでした。

『みんなが知ることはいいけど、じゃあどうやって変えてくの?』
ってところがいつまでも疑問ですけど。




ちなみに「イギリスは原子力の国」発言だけど、
電気事業連合会(FEPC)によると、
(2005年のデータで若干古いだけど)

電力量構成比でいうと、
イギリス:石炭34.4%、原子力20.5%
アメリカ:石炭50.5%、原子量19.0%

CO2を排出する石炭発電はアメリカのが多いけど、
原子力はほとんど変わりない。

図を見る限り「原子力の国」は、【フランス】みたいだけど。

「主要国の電源別発電電力量の構成比」(2005)


総発電量でいうと、
アメリカが41,477億kWh、
イギリスが3,932億kWhだから、

アメリカ:41,477×50.5(%)=2,094,588
イギリス:3,932×34.4(%)=135,260

だから、石炭だけでみると、
アメリカはイギリスの15倍もCO2排出してることになるけど。

(まちがっていたら、どなたかご指摘ください)

「主要各国における総発電量とそれに占める原子力の割合(2004)

外務省HPより)

世界全体の発電量でみるとやっぱりアメリカがダントツだけど。
決して、イギリスではないよ。

「主要国の発電電力量と原子力発電の割合」(2005)


そして、原子力はアメリカ生まれっぽいよ。
Wikipedia 原子力発電


なんか、いろいろつっこんだ話ができて楽しかった。
それなりに反応が返ってきたし。

IPCCの中でも、CO2温暖化説を信じてるのは、1/3らしい。
残りの2/3は懐疑的だと。

それでも環境問題は、「予防原則」が基本だからね。



ともかく、こういうのをつきつめて考えるってことを
最近してなかったので、刺激をもらいました。
自分が説明するのは苦手だけど、つっこむのは大好き。笑

定期的に集まって勉強会をしているみたい。
ネットをみてみたらちょっと宗教的だったので警戒してるけど。
今度、乗り込んでみたら後日談書きます。


るいネット
http://www.rui.jp/
スポンサーサイト

















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 UNSUSTAINABLE LIFE, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。