admin admin List
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遊びであり学びであり。
本気で社会を変えたいと思っている人はどれくらいいるのかな。


昨日はなしてて思った。

やっぱり私の原動力は
偶然恵まれている立場に生まれた私はなにかをしなきゃいけないという義務感、使命感。

たまたま人間に生まれてたまたま恵まれた日本に生まれ、たまたま五体満足で、たまたま大学にもいって、何事もなく平穏に不自由なく暮らしてるわけで、でもそれはいつなくなるかわからない。

野生動物はつねに生命の危険を感じながら生きなきゃいけないし、恵まれない国に生まれた子たちは食べ物の心配をして暮らさなきゃいけないし、日本にだってワーキングプアの人たちだっているわけで。

でも私はそんな心配がない。

マズローの欲求レベルでいくと最高の自己実現欲求を満たしたいというレベルにいる。
基本的欲求はほぼ満たされているわけで。


それで世の中に環境問題という人間だけの問題じゃない大きな社会的問題があって、
北極ぐまに生まれたら温暖化が進んで自分たちが住む場所がなくなってもただどうすることもできなくて指をくわえてみてるしかない。

でも私はその問題を作り出した人間なわけで、そしておそらくこの地球上に存在する生物の中でこの問題を解決できる可能性がある唯一の生物が人間なわけで。

だから問題を解決できる立場にいる私はそのためになにかをしなくちゃいけないのだと進路を決めた中3の頃から思ってる。


たとえばもし私が明日から入院するようなことがあれば私は治療に専念すると思う。
なにか目の前に別の解決しなきゃいけない個人的なものがあればそれをどうにかしようとするだろうと思う。

でも実際はそうじゃないしやっぱり私は問題を解決できる立場にいるし
それが現状大幅な力不足だとしても恵まれた境遇にいるのはたしかなんだからそのために努力しなきやいけないんだろうと思う。

こんなこといって現実は会社でうまく立ち回れずに泣いたりとかしてるわけだけど
やっぱり15歳くらいから変わらないこの私の原点の思いは忘れたくないなぁと思う。


他の人はなにを思って生きているのかな。
スポンサーサイト

















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 UNSUSTAINABLE LIFE, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。