admin admin List
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

友達に会いに&赤ちゃんを見に。
友達で結婚して子どもができたのは、
大学の友達に続いて、2人目。

この友達は一コ上だけど、この前エコ・リーグ同期が
結婚するってmixiに書いてあった。同期初の。
うちらもそんな年かぁとびっくりするよ。


なんかほのぼのして幸せそうでうらやましいなと思った。
長野という土地柄、本当にのどかで。

そういう生き方もありだな、と。
私の都会での生活とはかけはなれていると思った。

たまに地方の自然豊かなところにいくのはやっぱり、
気分がリフレッシュされていい気持ちになれるけど、
23年間東京育ちの私が地方にいって生活できるかはわからないけど。
一山買って大型犬を放し飼いにして住みたいって夢はある。笑
荒廃した山(森)をCWニコルさんのアファンの森のようにしたいなと。
(今回、黒姫を通ったのに通り過ぎただけなのが残念だったけど)


その友達がいってた。

子どもが生まれて悟ったことがある。
今子どもはお母さんの母乳だけで育っていて、
その母乳はいい食事から作られるもので、
そのためには水と土が必要で、
そのためにはいい森が必要だと。
だから森林問題につながってきて、それをどうにかしたい、と。
(正確なニュアンスは違うかもだけど)

その友達は男だけど、
女性の子育てしている人たちが環境問題に関心が高いのは
やっぱり「子ども」の影響が大きいなと。


あと印象深かったのは、
友達は屋久島に移住したいということを学生時代いっていたわけだけど、
前には屋久島に味方が多いけど、今は長野に味方がたくさんできた、と。

なるほどなぁと。
たしかにどうしても屋久島じゃなきゃいけない理由はないだろうし、
人生はわからないものだなぁと。
私がその友達に会ったのは1年半弱ぶりで、
そのときにはその奥さんと友達はまだ出会ってなかったということでも、
人生はわからないものです。


私もいつか結婚して子どもがほしいなぁと思う。
それまでに産休後も社会復帰できるようなスキルを身につけておきたいと思うけど。

やっぱり「社会」とつながっていたいし、
自分が「社会」に役立っていると思いたいから。

ただ子どもの教育に力をいれたり、
子どもの友達のお母さんたちと
人のうわさをしたり世俗的な話をしながらすごすような
毎日を送りたくはないから。


いろいろ深い話ができる仲間は大切にしたいと思う。
つくづく学生時代にいい仲間を得ました。
スポンサーサイト

















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 UNSUSTAINABLE LIFE, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。