admin admin List
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3/20(土)~3/21(日)で若者スキルアップ講座にいってきた。

テーマは「プレゼンテーション」
BumB東京スポーツ文化館ってところで。

 


せいさんのmixiに書いてあって
ちょうどあいてるからいってみよう的なノリで。
(せいさんありがとうございました!)

第1回も知ってたら行きたかった。

ひさびさに全然知らない人達の集まりにいった。笑
いい刺激もらって最近下がり気味のモチベーションがあげられたらいいなーと思って。

案の定個性の強いおもしろい人達がきてたよ。
「若者」っていうから学生がほとんどじゃないかと心配したけどそんなこともなかった。
参加者9人のうち学生は2人だけ。


マーチンルーサーキングの演説とか、絵本の読み聞かせとか、グループワークとかを通じて思ったのは
○演じ切ること(そこまでやる「えいや」の精神)
○演じ切れるまでの自分への落とし込み
が大事なんだと感じた。

グループワークもひさびさにやって
べつにどこが悪かったっていう具体的な自分自身への反省はあまりないけど
(発言が少ないメンバーにふったり、リーダー的な人がいなかったからすすんでログとって進めようと配慮したし)
やっぱり難しさを感じた。

「怒られるかと思っていうんだけど…」っていう意見にたいして
「じゃあいわなければいいのに」とか思ったり。(話しの根本の腰を折るようなものだったから)
まぁそういう思っていることを口にだしてくれたのはよかったと思わなきゃ、なんだろうけど。

たまにはこういうのもいいよね。
こういう知らない人達でのコミュニケーション。


でも会社に入ったらこういう対等な立場でのコミュニケーションなんてできない。
学生のときこういうのに参加して社会人と対等に(すくなくとも対等に近く)話ができたと思ってても
会社に入ったら上下関係があるわけで対等な話し合いなんてできるわけがないわけで。
だから学生のとき勘違いしちゃいけないんだとも思う。


夜は眠くて一番はやくフェードアウトした。
学生の頃はみんなで語る時間がもったいなくて寝れなかったけど。

一泊二日で7000円は、かなりお得な感じ。
またこういうのには積極的に参加して行きたいなーと思う。


最近の日記は愚痴っぽいと指摘されて
まさにそうだなーと思う。
久々に前向きな気分になった気がするよ。


最初の自己紹介で
「好きな言葉」っていうのを書くのがあって
私はものすごく考えたあと「頑張る」って書いた。

昔は「頑張る」ってあんまり好きじゃなくて「なんでも軽くこなす自分」っていうのが好きだったんだけど
大学時代みんなの頑張りにかなり影響をうけて、「頑張る自分」っていうのが好きになって
「頑張ってない自分」が好きじゃなくなった。
今の自分が否定的なことしか書けないのは「頑張ってない自分」が嫌いだからだと思う。

また自己肯定できるような「頑張る自分」を維持し続けたいと思う。
スポンサーサイト

















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 UNSUSTAINABLE LIFE, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。