admin admin List
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



サブタイトル「会社の宝になる方法」

タイトルに惹かれて読んだ。
仕事を楽しく出来るんじゃないかと思って。

「完璧以上に素晴らしい仕事をする」
「完璧以上に素晴らしい人になる」
ってのがキーワード。

完璧だと思ってもそれ以上のすばらしいことを
求めていくことってこと。


☆最高の仕事をするに値する相手とプロジェクトを選べ

顧客を選んでもいいってこと

☆いつも準備万端に整えてからスタートするんでなく、ときには先にスタートすれば準備はあとから整ってくる

これうちの社長が聞いたら喜んじゃいそう
「まずやってみる」ことが好きだから

でもいつも先にスタートしろとは書いてないい
「ときには」って。


☆偉大な社員はろくでもない上司に仕えるのではなく、部署や会社全体を変えようとするものだ
☆最高の社員になるつもりなら、待っていないでとにかく実行する人間、周りのレベルを引き上げる人間になる覚悟がいる


☆スターになりたければ周囲に同調せずに人とは違う働きをしなくてはならない
☆いつも意見が一致する人間が会社に二人いたとしたらどちらかは不要である

私も、中学のとき部活の話し合いのとき
まわりの意見に同調しかしない人に対して
いる意味がないって思ってたな。。





つまりこの本がいいたいことは(私なりの解釈だと)
仕事を楽しくするには
最高の社員になって活躍するってことなのかな。

まずはそこなのかな。
今いる会社で楽しむ方法って


いかに楽をしてお金を稼ぐかってことを考えるんでなく
最高の社員になって仕事を楽しめってことか。
なかなかそう考える人が会社には少ない。

でもまわりを引き上げるのが最高の社員だとも。


会社の人からそんなにやりたいことが明確だったら転職を考えたら?
っていわれたけど今の会社で3年はがんばるって決めてたからあと半年はできるだけのことをやろう。
ただ日々の仕事におわれるのでなく。
スポンサーサイト

















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 UNSUSTAINABLE LIFE, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。