admin admin List
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



今の仕事はそんなに悪くはないけど、自信を持って「良かった」とはいえない。
学生のときに思い描いていたやりたい仕事像とも違う。


この本の中の『人生充実度チェックリスト』に私がとくに当てはまらなかったもの

・時間を忘れて熱中してしまうほどのことがある
→これがなんだか早く知りたい。

・眠る時間がもったいないと感じることがある
→残念ながら睡眠が好きすぎて眠ることが幸せ。

・日曜日のようにサザエさんが始まってもブルーな気持ちになったりはしない
→サザエさん見てないけど、ブルーマンデーなのは間違いない。

判定結果は『悪くはありませんが、もう少し人生の終わりを意識してみましょう。』

以下、メモ。


○人生を後悔しないためのポイント
1.人はいつ死んでもおかしくないと覚えておく
2.自分には必ず何らかの「生きている理由」があると考える
3.本当の自分、あるべき自分について、とにかく考え続ける
4.生涯を通じて「自分の役割」を探し続ける
5.自分の「心の声」を聴いたなら、すぐに行動に移す

○最後の1日を幸せだと言える人の条件
1.やりたいことが見つかり、それを実行できた人
2.人生におけるミッション=役割を認識し、多くの人に貢献しようとしたひと
3.愛する人たちとの時間や関係を大切にできた人

○何かを手に入れたいと思ったら、今持っている何かを代わりに差し出さなければならない
→学校と引き換えにEWNをあきらめたことかな。
 転職しようとするなら今の安定を手放さなきゃいけないってことだ。

○今というタイミングを大事にする。お金を借りてでもタイミングを買う。

○失敗したところでやめてしまうから失敗になる、成功するところまで続ければ、それは成功になる

○シンクロ率を上げる。仕事と夢の共有店を見つけ、その2つをできるだけ近づけていく。
重なる部分を増やしていく。今の仕事を自分事としてとらえる(経営者の視点になる)

○行動からしか何も生まれやしない。
スポンサーサイト

















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 UNSUSTAINABLE LIFE, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。