admin admin List
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


奄美大島の外来種問題のことを授業で習った。

ハブを退治するために、天敵と思われていたマングースを放ったけど、
そのマングースはハブを食べるどころか、
農作物を荒らしたり、島の固有種を食べて絶滅に追いやった。
だから、環境省はマングースを撲滅させることにしたらしい。

本当に人間は、自分勝手だと思う。

マングースは、そこにいつの間にか連れられて、
ただ繁殖しただけなのに、
やっぱり迷惑だからって駆除されるなんて。

その授業で見たビデオの中で関係者の人が、
「でも、固有種を守るためには仕方ない」
ということを言っていた。


前に聞いた千石先生のお話を思い出した。

外来種のせいで在来種がひどい目にあってるし、
外来種は「いないのがしかるべき」であるから
駆除するのはかわいそうなことではない。

って。

どうしてそこまでして在来種を守らなくちゃいけないか、
ちょっとよくわからない。

なにか困ることある?
…これを言っちゃったらおしまいかなぁ。。

でも、外来種は動物愛護対象にはならないってこと??
よくわからない。

スポンサーサイト

















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 UNSUSTAINABLE LIFE, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。