admin admin List
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



大前研一氏の本。
名前は知ってるけど、どんな人かはよく知らなかった。

○もし「そのうちに」やりたいことが、あれば、今のうちにやりなさい
 やりたいと思った時が旬なのであり、関野橋にする理由はないのだ。
 真楽しいと思っていることが年を取ってからも楽しいとは限らない。

・・・ほんとそうだよね。今海外旅行に行くのが楽しいのであって、
   年取ってから同じ感動を得られるとは限らないし、旅行で得たなにかを役に立てる時間はあまり残されてない。

○私の生き方は、やりたいことを先延ばししない、やりたいことがあったらまず実際にやってみる。
 しかもやる以上は本の一冊も書けるようにまじめに取り組む。
 するとどれだけやってみ、おまだ時間があまる。そこでまたほかのことにも手を出す
 これまでにであった人に一緒にやらないか、と声をかける。それで人生の幅が広がる。
 こういうやり方をしていると、何をやっても効率よく早くできるようになる。だからまた新しいことをやる。

○知的好奇心、行動力、事業化への取り組みの三位一体。
 (ヤマハ川上源一氏エピソード)

○世界中の庶民感覚を磨く方法→不動産屋に街を案内させる
・・・これは画期的すぎて感心した!度胸がなきゃできないけど。私もぜひやってみたい。

○子供が「学校に行きたくない」といったら、思い切って学校を休ませ、本当に学校に行く必要があるのかを子供に考えさせる。大事なのは自分も一日ぐらい会社を休み、一緒に考えること。勉強がつまらない、わからないと子供が言うなら、自分も一緒に勉強してみること。娘が茶髪にしても「やめろ」と怒るのではなく、なぜ茶髪がいいのか、他の色はどうか、聞いてみる。

○二男がコンピュータが得意だとわかってからは、私のマッキントッシュのメンテナンス係をやらせ、契約書もつくり、それにもとづいてアルバイト料を渡した。その代り、小遣いはやらない。

○私が息子たちに強調したのは「自分に対する責任、家族に対する責任、社会に対する責任、日本人としての日本という国に対する責任―この4つの責任だけはつねに自覚しろ。あとは自分の好きなことをやれ、自分の人生は自分で決めろ、ということだ。

・・・素敵な子育てだと思った。私も子供が自立するように「自分で考えさせる」ように子育てしたいな。


この大前氏みたいな人こそ、「人生を後悔しない」人なんだろうな。

いろいろ楽しんでる人は「グローバル」な気がする。
世界は日本だけじゃないしね。私も日本だけに留まらず世界に出ていきたいな。

バイタリティーを身に着けたい。
スポンサーサイト



ヨンデミヨッカナ(´∀` )
【2012/01/19 21:42】 URL | れどれど #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 UNSUSTAINABLE LIFE, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。